日本「韓国野球には緻密さが足りない」評論家が韓国野球の弱点を指摘した結果…韓国の反応


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


日評論家が韓国野球の弱点を指摘

韓国野球代表チームは17日、東京ドームで開かれた「第2回WBSCプレミア12」決勝戦で日本に3-5逆転負けを喫し、準優勝に終わった。韓国は1回ギムハソンの先制2ラン、キム・ヒョンスのソロ本塁打によって機先を制したが、選抜梁弦種の不振と打線が沈黙した。

全体的に韓国はキム・ジェファンと朴炳鎬が中心打者の役割をきちんとできなかったのが敗因だった。二打者はこの日無安打に1割台の打率にとどまった。若いイジョンフとカン・ペコなど若い打者の活躍が大きな収穫だったが、二本の柱となる打者の不振が惜しかった。マウンドではジョサンオとイ・ヨンハの活躍も目立った。

もう一つは、緻密さで、日本野球に遅れをとったのである。3回から5回まで三回、先頭打者が出塁したが、追加得点だけでなく、進塁さえできなかった。ヒットエンドランを仕掛けたが、成功しなかった。何よりも二回の走塁プレーが相手の守備によってアウトにつながったことが痛かった。

3回無死1塁でキム・ジェファンの左翼奥深くにフライを打ち上げた時、1塁走者ギムハソンが奇襲的なタッチアップをしたが、相手の正確な送球と二塁手の絶妙なタッチプレイに阻まれた。5回は1死後、ギムハソンが空振り三振した時、キム・サンスは盗塁できず挟殺プレイでアウトにされた。

日本の「日刊スポーツ」は、評論家篠塚和典の試合コラムを通じてこれを指摘した。彼は「決勝戦は両チームとも雰囲気の良い試合だった」としながらも、「日本の野球が持つ緻密さが韓国野球を上回った」と試合前半を評価した。

コラムは、日本の勝利のターニングポイントを挙げた。1回裏2死後、鈴木誠也がタイムリー2塁打から得点した場面と、1回に3点を奪われた先発山口俊は2回から鋼板させた場面だった。結果的に山田の逆転スリーランホームランに続き、二番手の高橋礼から抑えの山﨑康晃まで6人の投手が8回を無失点で防いだ。

コラムは続いて「救援投手陣をよく導いたキャッチャーの會澤翼のリードや2塁への盗塁を阻止したり、5回三振に続く挟殺プレイなど、守備の違いも勝利を導いた」と分析した。実際にこの日、日本野球特有のしっかりとした守備力を見せてくれたことは明らかだった。その差が勝敗を分けたと見ることができる。

逆に韓国には「3〜5回、先頭打者出塁もその後が続かなかった。バントあるいは機動力で相手投手にプレッシャーを与える緻密さが足りなかった」と指摘した。キム・ギョンムン監督は、普段からバント野球の代わりに強攻野球を好む方だ。それは韓国にとって明らかに残念な点であった。

コラムは「次は東京オリンピックである。今回の大会の日本のブルペン陣は、世界に誇れるレベルである。しっかりとした先発投手を補強することも出来る。」と自信を表わした。韓国は今大会、若い顔も世代交代の希望を示した。同時に細かくすることが求められるという課題が浮き彫りになった。

ttps://00m.in/FbSTX

韓国人の反応

1.とある韓国人
率直に日本が韓国より上手だった…


2.とある韓国人
監督の采配の差が大きい。
次々に適切な選手を起用してくる日本に対して韓国は…

撃てないクリーンナップに拘り、投手をあまりにも引っ張りすぎて流れもこなかった。
輝いている個人もいたが、チームとしてはまだまだ。


3.とある韓国人
この評論家の言っていることは全て正しい言葉だ。


4.とある韓国人
キム監督が何を考えて野球をやっているのかわからなかった。
今回は監督の作戦がことごとく失敗に終わっていた。


5.とある韓国人
緻密さはおろか、切実さも闘志もなく、ただお金をもらって試合をしているだけという感じだ。


6.とある韓国人
日本に比べれば韓国野球のレベルはあまりにも落ちる。
韓国野球はレベルに対して年俸も高すぎる。


7.とある韓国人
歴代最悪の4番打者!


8.とある韓国人
皆が言っているほどの圧倒的実力差は感じられなかったよ。
でも、もちろん日本の中継ぎ要員は強烈だった。


9.とある韓国人
キム・ギョンムン監督のこだわりが敗退を招いた。


10.とある韓国人
稲葉監督など優しい日本人はリップサービスしてくれてるけど、単純に実力差だよw


11.とある韓国人
大韓民国の選手たちからはハングリーさも感じらっれなかった。
試合内容を見ていれば誠意を感じなかったし、凄く失望してしまった・・・。


12.とある韓国人
キムヒョンスはフェンスのクッションボールの処理を3回もミスって、走塁でもミス・・・。
あんなのプロとしては絶対に出来ないといけない基本じゃないのか・・・。


13.とある韓国人
台湾にも負けて日本にも負けて、アジアでは三番目になってしまったことを自覚しなければならないな。


14.とある韓国人
私たちの国には、評論する自主的なメディアがないことが嘆かわしい・・・。


15.とある韓国人
台湾と日本は確実に強いチームだ。
寄せ集めの韓国チームでは絶対に勝てないのが現状だし、あまりにお粗末なプレーが多くて国内リーグも見る気がしないし、見に行くお金がもったいない。
アメリカとメキシコに勝てたのは運が良かったからだと思う。


16.とある韓国人
日本の救援ピッチャー陣はA級のピッチャーばかりだった。


17.とある韓国人
馬鹿力野球から脱却しないと永遠に日本には勝てない。


18.とある韓国人
実力的に見れば2段階から3段階は低い。
運がよく2点差だったけど、実際に歯10点差の敗北と同程度の実力さに見えた。

スリムで細いのに158キロの速球を力強く投げまくる日本の投手たち。
変化球も多彩で145キロのフォークボークも素晴らしかった。

大谷クラスの若い投手が次々に出てくることに言葉を失ってしまう・・・。
ジョサンオ程度のピッチャーは日本のチームに行けば、敗戦処理専門投手でしかないよ。


19.とある韓国人
無死一塁はバントが答えだ。
日本は一死二塁を作って、少しでも得点の確率が高くなる野球をしていた。

フォークボールが得意ではない選手ばかりなのに、強行ばかりしていたから結果的に負けてしまった。
挟殺プレイの場面も見事に空振り三振をしてしまったしね。

バントで送っていれば1点差で一死二塁という状況を作って、プレッシャーを与えることも出来たのに・・・。


20.とある韓国人
第一回で優勝、第二回では準優勝、激しい国際大会の中でこれはとても良い成果だ。
若い投手も出てきているしね。

残りの期間中によく選手を育てて、五輪では必ず優勝しよう。


21.とある韓国人
信仰の野球はもうやめよう。
データを使わないで戦うとかいつの野球だよ。


22.とある韓国人
軍役免除の餌を与えれば、もっと選手たちが活き活きしてプレーしたのかもしれない。


23.とある韓国人
台湾にも敗れ、日本に完敗したのが今の実力だと受け入れるしかない。
メディアも不必要に煽りすぎだし、試合が始まってみればかなり一方的なものだった。

ライバルというよりはチャレンジャーだよ。


24.とある韓国人
国内向けと海外向けの試合の区別が出来ず、1点勝負の場面でバントを選択しなかった監督の責任である。
監督インタビューでは、自分の何が悪かったのか理解していないようだった。

無条件に監督の責任という言葉を繰り返していただけだ。


25.とある韓国人
監督が辞退すること、そして世代交代こそが答えである。

注目記事