韓国メディア「文大統領の外交努力の結果、米が日本を圧迫し劇的”休戦”を引き出すことに成功」-韓国の反応


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


文大統領の外交努力の結果、米が日本を圧迫し劇的”休戦”を引き出すことに成功

午前までの雰囲気は滑らかだった。

青瓦台の関係者は22日、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)条件付き延長と関連して緊迫した状況をこのように語った。GSOMIA終了を決定する当日の午前まで最終決定が下されなかったこと。GSOMIA終了期限の23日午前0時までわずか6時間残して、大統領府が条件付き延長を公式発表するまで、日米韓3カ国は、水面下で数回、外交チャンネルを稼動しており、最終的には劇的な反転の結果を生み出した。

大統領府、22日午前まで終了するかどうかを決定できず、

大統領府は21日午前、鄭義溶青瓦台国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)を開いたときにまでは、内部の雰囲気がGSOMIA終了側に近かった。カン・キジョン大統領政務首席秘書官は、「安倍晋三政府が本人の誤りについて全く話をしないで、完全に白旗を上げるには無理がある。進展がない」とした。このような雰囲気のせいで、8月22日GSOMIA終了決定直前NSCに「GSOMIA維持が必要である」という趣旨の意見書を出した国防部は、この日開かれたNSCで別途の意見を出さなかったことが分かった。

気流が変わり始めたのは翌日の22日からだった。この日の午前、ムン・ジェイン大統領は忠南天安の素材・部品・機器企業を訪問して、経済克日意志を強調した後、午後からNSCに参加した。この日の会議では、当初予定されていなかっただけではなく、文大統領がNSCの全体会議ではなく、常任委員会の会議に出席したのは珍しいことだ。青瓦台の関係者は「会議は1時間以上行われて、非常に異例的に文大統領が臨席した。このことから、GSOMIA破棄を防がなければならないだろうかという議論が交わされた」と説明した。カン・ギョンファ外交部長官の主要20カ国・地域(G20)外相会議に出席するため日本の名古屋行へのNSC直後決定した。

次に、一日で、このような反転はどのように作られたのか。21日夜から、米国がより積極的に乗り出して雰囲気が変わり始めたというのが、外交の大々的な評価だ。カン長官とマイク・ポンペオ米国務長官は、深夜コールをし、日本にとどまっていたデイビッド・スティルウェル米国務省次官補もこの日の夜、日本と詰めの議論を進めて、強力な圧迫と説得のメッセージを出した。GSOMIAと輸出規制は別個という立場を固守していた日本の気流が少しずつ変わり始めたのはこの頃であった。青瓦台の関係者は「韓日両国が一歩ずつ譲歩し、終盤には最終的な合意案にホワイトリストを復元条件を入れることと関連して綱引きをした」と述べた。

文大統領の韓日関係復元の意志も強く作用した。文大統領は19日、国民との対話で「最後の瞬間までGSOMIA終了という事態を避けることができるならば、日本と努力していく」と述べた。特に文大統領は今月4日、ASEAN + 3(日中韓)首脳会議が開かれたタイ・バンコク会議場で、安倍首相を自分の隣の席に連れて、11分間その場で歓談をしながら韓日葛藤の問題を解決するための積極的な姿勢を見せた。政府は、週明けに外交ラインからの交渉チームを日本に送って、今月初めには、チョ・ヒョン外交部第1次官が極秘裏に日本を訪問するなど、水面下の交渉を継続してきた。

米、日韓同時圧迫し仲介の役割

GSOMIAの終了間際に劇的に条件付き延長することに決定されたのは、米国政府の仲裁が重要な役割をしたとみられる。先に米国政府は、8月に大統領府がGSOMIA終了を発表したところ「強い懸念と失望を表明する」と批判の水位を高めた。21日には、米議会もGSOMIA終了撤回に圧迫を加えた。米国は韓国を圧迫するとともに、日本の態度の変化も強く促した。チョン・ギョンドゥ国防部長官は18日、バンコクで開かれた韓日、日米韓の国防長官会談後、「米国が韓国と日本の両方に(GSOMIA延長のための)強い圧力をかけている」とした。

ここで文大統領が4日、ロバート・オブライエン米ホワイトハウス国家安保補佐官に会って、「日本を説得せよ」というメッセージを伝え、15日に訪韓したマークエスパー米国防長官と会った席でも、これを繰り返し強調し、米国が日本にもっと積極的に圧迫をしていたことが分かった。ここでキム・ヒョンジョン、大統領府国家安保室2次長など、文大統領の核心外交参謀が米国を訪問し、韓国政府の立場を説明し、GSOMIA解決策を最後に調整したことが分かった。

ttps://00m.in/tlGN4

韓国人の反応

1.とある韓国人
屈服じゃなく?


2.とある韓国人
ムン・ジェインの自分が無責任のくせに他の人に責任転嫁するのが始まったよ。


3.とある韓国人
共産国家になってしまうと心配だったが、今回の件を見て、やはり米国が黙ってはいないことがわかって幸いである。


4.とある韓国人
頭が悪いと苦労する。
日本はそのままなのに、私たちが米国の圧力に屈したのだよ。

ここで終わるのではなく、総選挙が始まって、土着倭寇もアカもどちらか一方でもいなくなってくれれば、国が静かになるんだが。


5.とある韓国人
おかげで私たちを取り巻く国際現実がどのように冷酷であるかをこの目で確認させてくれた。
そもそも、朝鮮半島で世界大戦を引き起こす可能性がある危険なGSOMIAを国会の同意なしに処理した朴槿恵政権は今何を考えているのだろうか?

歯を食いしばって自立型経済システムの構築と自主国防のためにさらに精進しなければならない。


6.とある韓国人
また東亜日報か(笑)朝中東チョッパリ阿部新聞


7.とある韓国人
休戦ではなく、ムン・ジェインのこだわりで発生した無残な敗北だ。


8.とある韓国人
文政権は今回のことはよく言った。
チョッパリと米国に対していい対応をした、よくやったと賛美すべき。


9.とある韓国人
米国ご主人様、ありがとうございました。


10.とある韓国人
ムン・ジェインに不利なニュースは、なぜ共感順ではなく日付順でしかコメント欄が表示できなくするんだアカネイバーよ。


11.とある韓国人
ムン・ジェインは、大韓民国の自尊心をなくした・・・
日本の安倍に降伏したのだ。

降伏した政権は必要ないからやめて下野してくれ。
こんな大統領は必要ない。


12.とある韓国人
不良国家である日本に下手に逆らわずに周辺の引き止めをもってやっと収束・・・
このようなドタバタアマチュア大統領は必要ないな・・・。


13.とある韓国人
白旗投降したムン・ジェインをどのように外交勝利したことにしようかと必死だなwww


14.とある韓国人
休戦?白旗の間違いじゃないの?


15.とある韓国人
国家安全保障を担保にして政治ショーですか?
経済も厳しいのに、国民が不安になっていますよ?


16.とある韓国人
国民をなぜこんなに不安にさせたのだろうか?
このような国家間の緊密な事項は、慎重に処理をする必要があったんじゃないだろうか。

そして、いつまで他人に仲介されているのだろうか?
嘆かわしい・・・。


17.とある韓国人
そもそもチョグク問題から目を逸らすために必死に反日煽動を繰り返していて、取返しがつかないところまでいったんじゃないの?
それをアメリカに頼んで仲裁までしてもらって、状況はGSOMIA終了を通達した時と何も変わらず、引き延ばししただけ。

無能にもほどがある。


18.とある韓国人
対国民詐欺。


19.とある韓国人
ショーを続けて続けていただけ。
騙されやすい国民も国民だよ。


20.とある韓国人
輸出制限措置は、フッ化水素の使い道を明らかにすれば解決されるよ。


21.とある韓国人
劇的休戦を引き出したのではなく、無条件降伏を受けたのだろう。


22.とある韓国人
やっと防衛費の交渉が少し容易になったね。


23.とある韓国人
一貫性が無い、本当に一貫性が無い・・・。


24.とある韓国人
私たちと似ている台湾、シンガポール、タイ、中国は一歩ずつ前に進んでいるが、我々がなぜ停止しているのか、この機会に考えてみなければならないと考える。
自陣のことだけ考えている政治家。巧妙ではない行政家。変わっていく世界の環境。

我々ももっと早く変わらなければならない。


25.とある韓国人
大国であるアメリカを上手く操作し、日本に圧迫をさせて最終的に譲歩させた卓越して堂々とした外交力に賛辞を送ります!!

注目記事