【悲報】韓国のC・ロナウドへの粘着続く…ユーロ2020予選ベスト11に選出されず大歓喜-韓国の反応


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


予選11得点のロナウド選出されず…ユーロ2020予選ベスト11発表

ユーロ2020は、現在抽選会を控えている。長い予選の中で最も活躍した11人が公開された。

欧州サッカー連盟(UEFA)は30日(韓国時間)、公式ホームページを通じてユーロ2020予選のベスト11を選定し、発表した。予選ラウンドで最も多くの得点をしたハリー・ケイン(イングランド)とアシスト1位メンフィス・デパイ(オランダ)を中心に3-1-3-3フォーメーションでベスト11が発表された。

最前方スリートップはケインとデパイ、ラヒーム・スターリング(イングランド)が占めた。ケインは予選全試合で得点を達成し、12ゴールで予選得点1位を獲得した。デパイも8つのアシストを上げ、オランダを6年ぶりにメジャー大会本選に導いた。スターリングも7つのアシストを記録した活躍を認められ、スリートップの一側面に配置された。

予選で11ゴールを決めてAマッチ最多ゴールにさらに近づいクリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)はなかった。ケインに続いて予選得点2位を記録したが、適当な席がなかった。代わりに、ポルトガルでは、ベルナルド・シウバが2列目でベスト11に輝いた。

シルバとエラン・ザハヴィ(イスラエル)とジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ)が積極的な役割を認められ、ヨアンニス・クスロス(キプロス)が守備的MFとして選択された。スリーバッグには、メリフ・デミラル(トルコ)、セルヒオ・ラモス(スペイン)、ラグナル・シグルドソン(アイスランド)が選ばれた。ゴールキーパーは、8試合で4ゴールだけ許したアンドリー・ピアトフ(ウクライナ)が選ばれた。

全24カ国が参加するユーロ2020本大会は、現在までに20チームが確定した。残り4席は、来年3月に開催されるプレーオフを介して決定する。

ttps://00m.in/1mRMv

韓国人の反応

1.とある韓国人
人気選手というだけで入るかと思ったww


2.とある韓国人
また、挫折を味わっているね。


3.とある韓国人
韓国に来てからというもの、どんどん崖から転げ落ちていってるな。


4.とある韓国人
ロナウドが入らないのは当然だけど、10戦全勝したイタリアやベルギーの選手が入っていないのは話にならないな。


5.とある韓国人
ロナウドの記事を書くのはやめてくれ。
関心がなく見ること自体が嫌だからな。


6.とある韓国人
ロナウドなんて芸能人に等しいからww


7.とある韓国人
欧州もそろそろロナウドを必要としなくなってきている。


8.とある韓国人
ロナウドはサッカー選手を引退してから、薬を使わないかを調査して方がいい。


9.とある韓国人
ここにいる人間は誰かを貶めることが本当に好きらしい。


10.とある韓国人
ただゴールを狙えばいいのではなく、得点の純度が重要だからね。


11.とある韓国人
通常3点差以上開いたらゴールチャンスを他の選手たちにも与えるものなのに、それでも独占する気持ちが強い。
なぜなら、自分に降り注ぐスポットライトが他の選手に傾くことが嫌っているから!

ここがメッシとの違い。


12.とある韓国人
ああ気持ちいい


13.とある韓国人
メッシとロナウドを比較すること自体がコメディ。


14.とある韓国人
本当のワールドクラスはハリーケインだな。


15.とある韓国人
ロナウド終了!引退しよう!!


16.とある韓国人
韓国で失礼なことをして以来、確実に退化していってるなw


17.とある韓国人
ロナウドのゴール数は欧州の弱小国相手に稼いだものだから、ゴール数なんて何にも意味が無い。
加えて、ロナウドは自分が目立つためにチームメンバーにシュートチャンスを与えない。

ロナウドとメッシなんて比較すること自体が間違えている。


18.とある韓国人
ロナウドなんて過大評価と人気だけでレアルに入ったようなものだからな。


19.とある韓国人
常に全盛期でいたいと言っていたけど、明らかに全盛期を終えて下火になっている。


20.とある韓国人
ロナウドには謙虚になってもらって、品格というものを学んでもらいたい。


21.とある韓国人
記事名に「ロナウド」を入れるだけでこんなに人が集まるなんて、やはり注目度は高いということだな。


22.とある韓国人
ロナウドがどんどん影になっていく。


23.とある韓国人
韓国にきてから明らかに調子を崩している。
これがメッシが絶対に韓国に来ない理由になっている。


24.とある韓国人
強姦に脱税、いまだにサッカー選手でいられることが不思議なくらいだよ。


25.とある韓国人
ロナウドなんて見たくもない。

注目記事