【悲報】韓国、検査でコロナ患者を増やしまくった結果…物量が急増、配送業者が過労死=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「40代配送業者、夜明け前の配送中に死亡…『コロナ以降物量が急増』」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

40代配送業者、夜明け前の配送中に死亡…「コロナ以降物量が急増」


入社4週目の40代の新人「クーパンマン」(クーパンは韓国のオンライン・ショッピングモール。クーパンマンはその配達を担う労働者)が、未明の配送中に倒れ、死亡した。同僚たちは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)事態によって増えた物量が配送労働者に過度に集中したため起きたと主張する。

全国民主労働組合総連盟(民主労総)公共運輸労組空港港湾運送本部クーパン支部と同僚のクーパンマンたちの15日の説明を総合すると、クーパンの非正規配送労働者のKさん(46)は12日午前2時ごろ、京畿道安山市(アンサンシ)のある配送区域で倒れた。Kさんの配送が急に止まったことを不審に思った同僚たちが区域内の最後の配送地を訪ねたところ、倒れているKさんを発見し、心肺蘇生を試みたがそのまま死亡した。

Kさんは先月14日に1年契約の非正規職として雇われ、4日間の教育と同行配送で仕事を学んだ後、18日から単独配送を始め、先週で入社4週目だった。夜10時に出勤し、翌朝7時まで配送区域を二度回る仕事をしていた。空港港湾運送本部のキム・ハンビョル組織部長は「Kさんが働いていた区域は労働組合所属のクーパンマンがいない所なので、休憩時間がよく守られていなかった。

エレベーターもない5階建てくらいの集合住宅を繰り返し上り下りする配送業務をしていて倒れた」と話した。Kさんはクーパンマンの仕事を始めてから、家族に「食事もできずトイレにも行けず、とても非人間的でつらい」と話していたという。

同僚のクーパンマンたちは「COVID-19拡散以降、会社が無理に物量を押し付けてきた」と主張する。あるクーパンマンはハンギョレの電話取材に対し「先月の入社なら、COVID-19以降、多ければほぼ50%増しの物量を基本として働き始めたはず。

COVID-19以前は1日最大物量が250個程度だったが、COVID-19以降は1日300個が普通になり、400~500個が割り当てられる時もあった。さらにコメや水、ペットフードなどの重い生活必需品を中心に配送品が爆発的に増えた」と述べた。

実際にハンギョレが入手したクーパンマンたちの配送物量の「配分業務表」によると、大邱地域のクーパンマンはCOVID-19以前の昨年11月、1人当たり1日「166~377個」、年末年始の贈答品の配送などで1年で最も物量の多い12月下旬には「246~422個」の物量が割り当てられていた。COVID-19の拡散が本格化した先月中旬以降は、「最大505個」と物量が爆発的に増え、3月上旬まで1人当たり300個前後を配送する流れが続いた。

Kさんが死亡した安山地域と特性が似ている京畿道水原(スウォン)のあるクーパンマンも、2月19日から23日まで1日平均377個の物量を受け取り、このような傾向は3月初めまで続いた。ある6年目のクーパンマンは「1日300個前後は盆正月のような特殊な局面で消化する物量で、日常的な状況ではない。ところが会社はその物量を押し付け続けていた。非正規労働者はそのような措置に抵抗できず、結局みな故障せざるを得ない」と述べる。

首都圏で勤務するもう一人のクーパンマンも「特に新入りは仕事に慣れていないのに仕事ぶりをアピールしなければならないため、時間の圧迫がさらに厳しい。少なくとも1時間は早く出勤し、前もって荷物を積んでご飯も食べず休憩時間もなく一日中必死になって配送して、やっと仕事を終わらせることができたはず」と話す。

クーパンはこれについて「COVID-19以降増えた物量は、自分の車で配送して1件当たりの手数料を受け取る『クーパンフレクサー』雇用を通常の3倍に増やして解決している。クーパンは遺族の慰労と支援に最善を尽くしている。配送員の動線や地域特性などを考慮して物量を割り当てており、法定労働時間も守っている」と述べた。

ttps://00m.in/meH4K,ttps://00m.in/z0oPU,ttps://00m.in/ksZkb

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

心が痛いです。

故人のご冥福をお祈りします。


とある韓国人

配送業者だってもちろん人間なんだよ。

超人ではないんだから、限界を超えればやがて死んでしまう。

このような痛ましい出来事を二度と起こさないためにも、配送制度を根本的に見直さなければいけない。


とある韓国人

コロナの検査数を増やして、その分感染者も増えた。

国民の不安はもちろん助長したし、外出も控えるようになった分の負担が配送業者にそのままのしかかったんだよ。

防疫のために過労死を生んでいては意味が無い・・・。


とある韓国人

クーパンをよく利用している人間の一人として、なんだか申し訳ない気持ちになりました・・・。

とある韓国人

あまりにも重たい荷物を運ばせるのは可哀そうだ。

1階まで届ければ充分だし、そうじゃない場合は特別送料を支払うようにして、きちんと配送業者にマージンが入るようにしないと。


とある韓国人

故人のご冥福を祈ります。

本当に残念な死ですね。

全ての業種で労働環境が改善されることを望みます。


とある韓国人

とても痛ましいニュースです。

このような時局だからこそ、よほど緊急なものでない限りは、近所の店に自分で歩いて買い物に行くようにしましょう。

あまりにも気の毒です。

労働者の人権が少しでも優先されたのなら、このような悲劇は起こらなかったでしょう。


とある韓国人

宅配便は少し遅れても問題が発生してしまうから、そのぶん無理をしないといけなくなる。

もう直接本人に届けるのではなく、全てのマンションで保管庫などを部屋別に作っておいた方がいい。

そこへ顧客が直接取りにいけばいいんだよ。


とある韓国人

早朝配送自体が問題だよ。

これでは十分な休息が取れるはずがない。

今も亡くなった方と同じ業務量をこなしている配送業者の方がいっぱいいると思うと、心が痛くなる。

直ちに対応してください。


とある韓国人

コロナの恐怖に店への足が遠のいていたからね・・・。

感染者の数があまりにも増えていたことから、皆怯えていたんだと思う。

やはり軽症患者や無症状の患者まで検査であぶりだす必要はなかったんじゃないかな。


とある韓国人

弾丸配送なんてやらせているからだよ。

非人道的だ・・・。

人間が余裕をもってこなせる範囲じゃなきゃダメだろ・・・。

故人の冥福をお祈りします。


とある韓国人

過労死させるぐらいなら、自分で運びに行きます。

そこまで苦労されているとは知らず、当たり前のようにその恩恵を享受していて申し訳ありません。


とある韓国人

エレベーターの無い5階建てのビルに重たい荷物を運び入れていたなんて、どれだけ身体に堪えただろうかTT

もう重たい荷物なんかは受取人が1階まで受け取りにくるか、もしくは必ず配送業者の手伝いをするように義務付けた方がいいよ。

とても残念な事件だ・・・。


とある韓国人

生活のためにここまで苦労されてきたことを考えると、とても悲しいですね・・・。

とある韓国人

どれほど辛く大変だっただろうか。

エレベーターの無い2回以上の場所への配送は、宅配日をたくさん受け取るようにして、運搬された宅配運転手さんに渡すように出来ればいいですね。


とある韓国人

私たちが快適に暮らせるのも、誰かの苦労があるからこそなんだ。

ご冥福をお祈りします。


とある韓国人

世の中があまりにも便利になりすぎると、その裏で必ず犠牲になる人がいるんだよ。

北欧なんかは20時以降になれば店が閉まって真っ暗になる。

人間は昼間だけ活動して、夜はしっかりと休まないといけない。


とある韓国人

韓国を支える献身的な人間が亡くなってしまった、本当に痛ましい・・・。

配送業者は奴隷ではない。

ここまで人権が蹂躙されているような労働環境はすぐに改善すべきだ。


とある韓国人

私は医療従事者ですが、絶対に未明の配送はお勧めしません。

夜に寝ずに働くことは、心血管や脳血管の疾患リスクを高めます。

人権の次元で制度の改正が必要だと思います。


とある韓国人

クーパンマンのおかげで二か月間店に足を運ぶ回数げ減っていました…

本当に心から感謝しているのと共に、申し訳ないです。

事態が終息するまでは、自分の足で買い物へ行くようにします。

故人のご冥福をお祈りします。