韓国人「これが日本と中国の違い…」韓国人が日本のチャーター機に同乗し、インド・スーダンから退避=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「今度は日本が助ける…日本の航空機でインド・スーダンから退避」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

今度は日本が助ける…日本の航空機でインド・スーダンから退避


韓国と日本の関係悪化が続く中、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた自国民の退避では両国の協力が行われている。これまで韓国側が用意した航空便に乗って日本人が退避したケースが複数あったが、今度は日本側が手配した航空便に搭乗して韓国人が退避するケースも出ている。

韓国外交部によると、トヨタ自動車のインド工場で働く日本国民を帰国させるため、14日に現地を出発する臨時航空便に日本政府の提案で韓国人2人が搭乗する。2人は日本を経由して韓国に帰国する。

スーダンでも日本国際協力機構(JICA)が用意したチャーター機に韓国人6人が乗って退避する。

カメルーンで日本国際協力機構と韓国国際協力団(KOICA)が協力して手配したチャーター機に搭乗し、両国の国民が退避したケースはあったが、日本側のチャーター機で韓国人が退避するのは初めて。

マダガスカルやケニア、フィリピンでは韓国側のチャーター機に日本人が同乗したことがある。

一方、西アフリカのマリでは足止めされていた韓国人11人がベルギーの軍用機に乗って退避する。

チェコはオーストラリアとニュージーランドにいる自国民の帰国のため、大韓航空とチャーター機の利用契約を結んだ。チャーター機が韓国に戻る際、チェコやポーランド、スロバキアにいる韓国人約230人が搭乗する。

ttps://00m.in/AO9MW

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

いいね!

自由民主主義は互いに助け合って生きるべきだと思います!


とある韓国人

はい、お互いに協力しながら共生していきましょう。

中国とはあり得ない。


とある韓国人

やっぱりチャンケなんかよりも日本は遥かに優れている。

※チャンケ=中国や中国人を罵るのに使われる俗称


とある韓国人

日本に対して、過去に縛られるのではなく、お互いに助けて協力する関係になれたら、相互の発展と成長があるだろう。

政治的に利用するのではなく、お互いに共存する上で円満な関係を維持できるように、次の政権では必ずなってほしい。


とある韓国人

ムン・ジェイン民主党「これはいけない…反日は助長するべきなのに…」


とある韓国人

二国間の関係が回復することを願っています。

嫌いは嫌いでも、中国との関係が考えれば、少なくとも日本とは戦うのはやめるべきだと思います。


とある韓国人

100%信頼出来るわけじゃないけど、コロナやPM2.5のチャンケよりも優れていることは確かだ。

とある韓国人

喧嘩はやめて仲良く生きようよ。

とある韓国人

私たちは日本と良好な関係を維持したい。

しかし、日本の右翼が時間が経った時に後ろから殴ってくることが問題だ。

日本の大地震の時も、原発事故の時も、私たちがどれほど協力して支援しても裏切られるのが日常茶飯事になっている。


とある韓国人

韓国は中国やロシアをけん制するために、日本をパートナーとして一緒に進んで、困難があれば助け合わなければならない。

日本は地理的に密接しているし、最も困難な状況を迎えた時、兵站基地としての役割を果たすことになります。

歴史的問題は外交を緩めてフレンドリーに進めるべきであり、竹槍煽動で敵意だけ大きくするだけでは、お互いにとって被害が大きくなる。

外交的に解決しましょう。


とある韓国人

人間はお互いに助け合って生きていく必要がある。

とある韓国人

中国と日本の違いを見てください。

とある韓国人

お互いに助け合って生きる方がどれほど良いか!

これからもずっと良好な関係を維持していきましょう。


とある韓国人

コロナの緊急事態なんだから、お互いに助け合わなきゃ。

とある韓国人

皆知ってる?

海外で困ったことが発生した場合に、日本大使館を見つけて行ってみてください。

韓国人に対して特別に差別なんかしないし、凄く親切にしてくれます。


とある韓国人

こういう記事こそたくさん読んでもらいたい。

票を得ようとして竹槍煽動はしないでほしい。


とある韓国人

日本を称賛すれば少しでも土着倭寇と叫ぶ朝鮮族の皆さんが出てくる記事ですねwww

聯合ニュースも土着倭寇だったのか?www


とある韓国人

政治的問題からは離れて、、隣国同士、人道的に支援が出来たら良いですね。

とある韓国人

戦いなんてやめて、助け合いながら生きよう。

とある韓国人

せめて人道的な部分だけでも反発せずに、このように協力していこうよ。

政治的、外交的にだって何か進展があるかもしれない。