【悲報】韓国の必須食品、実は日本産だと判明=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「毎日食べているタマネギ、実は日本の種子だった」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

毎日食べているタマネギ、実は日本の種子だった

韓国人がよく食べる野菜10品目のうち、半分は外来種子であることが分かった。大手スーパーemart(イーマート)が2日、売上が最も高い野菜10品目の種子現況を調査した結果だ。国内種子市場を外国系が占領しているといえる。

タマネギ・サツマイモ「日本」、ニンニク「中国・スペイン」

農村振興庁と農林食品技術企画評価院などによれば、ほぼすべての料理に必須のタマネギは80%が日本産だ。この中でも保存して年中食べる晩生種タマネギは90%が日本の種子だ。ニンニクも80%が中国やスペインなど外から来たものだ。サツマイモは年間国内で生産される40トンの95%が日本産種子で、パプリカとカボチャも主にオランダ、日本からそれぞれ種子を持ってきている。

種子にも「財産権」があり、海外の種子を使うためには該当国にロイヤリティーを支払わなければならない。ミニパプリカの場合、現在の基準で種子一粒あたり1200ウォン(一粒からは色々なパプリカが取れる)で1袋(1000粒)で12万ウォンだ。これを金一匁(3.75グラム)の重さに換算すれと、約32万ウォンとなり、最近の金相場とほぼ似ている。外来種の鱗片(ニンニクの種子)年間輸入量は5837トン(約100億ウォン)に達する。

韓国内の農産物種子は初めからほぼ外来種だったわけではない。野菜や園芸種子は民間企業が主導して開発していたが、1997年通貨危機当時、多くの国内種子会社が外国資本に移った。このような状況を受け、政府は2012年タマネギなど20品目に対して「黄金種子事業(GSP、Golden Seed Project)」を展開しながら国内農産物の「種子国産化」に乗り出した。これを通じて「K-スタータマネギ」や「ラオンパプリカ」などの国産種子開発に成功した。

品質も良いが最高50%低価格

国産「K-スタータマネギ」種子は日本産よりも品質が良い。毛細血管を強化する働きがあるクェルセチン(植物に広く分布する色素)含有量が日本産種子の1.5倍で、価格も約30%安い。日本産種子が496平方メートル(約150坪)基準で約14万ウォンであるのに比べて、国産種子は10万ウォン水準で、農家の種子購入費用負担が減った。消費者界では半分以上価格をおさえた。これを通じて自給率は2014年18%から2018年28%に上昇した。

「ラオンパプリカ」は種子国産化を越えて輸出するまでになった。慶尚南道(キョンサンナムド)農業技術院が小規模農家に適合したミニパプリカ研究を通じて開発した「ラオンパプリカ」は輸入ミニパプリカよりも栽培が容易なうえに品質が優秀で人気が高い。価格も約16%低くした。肉厚で、マンゴーやメロン(11ブリックス)とほぼ同じ水準の10ブリックスの強い甘みを誇る。

ラオンパプリカは2017年の日本に進出に続き、2018年メキシコにも輸出された。2013年0%だった自給率は2018年45%になった。

国産ニンニク種子「ホンサンニンニク」は2015年に出願されて3年間の試験栽培を終えて今年初めての市場に出荷される品目だ。これもまた一般の外来種ニンニクより品質も良くて価格も20%安い。済州道(チェジュド)から江原道(カンウォンド)まで全国で栽培でき、従来のニンニクよりも病虫害に粒が大きく、収穫量も約30%多い。クロロフィル(葉緑素)含有量が高く、茎が緑色を帯びている。皮をむくと斑点ができるように開発し、輸入産と区別しやすくした。

大型スーパーで国産種子食品の売上も順調に伸びている。emart(イーマート)が昨年販売したGSP商品は45億ウォン規模で、前年より28%増加し、販売初期である2016年の売上の4.5倍水準に成長した。2018年に国内で初めて販売した「K-スタータマネギ」は初期100トンから今年500トン、来年は1000トン以上の販売を目標にしている。

農林食品技術企画評価院GSP野菜事業団のイム・ヨンピョ団長は「昨年の世界種子市場は554億ドル規模で年平均7%の成長を遂げているが、韓国はやっと1%を占めるにすぎない」としながら「ロイヤリティーを削減し、種子貿易収支の赤字を克服し、国内種子主権の食糧安保を守るためには高付加価値事業での持続的な投資が必要だ」と話した。農村振興庁のクォン・ヨンソク研究官も「一つの品種を開発するためには通常10~15年がかかるが、地道に研究・開発を進めているので、高品質低価格の国産品種が引き続き出てくることを期待する」と明らかにした。

ttps://00m.in/xaMYC

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

もう日常的な食品にまで反日がどうとか言い出すようになるのか・・・。

本気で頭がおかしい。


とある韓国人

国産玉ねぎは常温保存に向いてないし、脆くすぐに腐ってしまう。

日本産玉ねぎは肉質がかたいから、保存に向いているし、料理をしても甘味が遥かに優れている。


とある韓国人

今まで日本にロイヤリティを与えながら玉ねぎを食べてたってことか?

農林畜産食品部はマジで何やってんだよ。


とある韓国人

私たちが好んで食べている青陽唐辛子も種子を米国に売ってしまった。

食べる度にロイヤリティを支払っているという残念な現実。


とある韓国人

そもそも、韓国人が食べている野菜や果物を見ると、元から韓半島内に自生していた品種なんてほとんどない。

ほとんどすべてが海を超えて渡ってきた品種だ。

韓国料理に代表される唐辛子だって国産のものではない。


とある韓国人

だからといって玉ねぎを食べれば親日認定なのか!?

また玉ねぎ不買運動みたいなことが発生すれば、いわれのない農民が被害を受けることになる!


とある韓国人

種子も原産地表記を義務付けなければならない。

とある韓国人

「韓国産」とされているものは、実は日本の許可なく日本の種子を使って作られたもの。

考えてみれば、現在の韓国の食卓に上がっている農産物の99%が外来種であり、その中の半分以上が日本産だ。

それなのに反日とか言ってるけど、反日なんて事実上不可能。


とある韓国人

外来種だとか親日だとか、そんなことが重要なのではなく、日本が先んじて投資を行って既に既得権を得ていることが重要なんだよ。

日本が様々なロイヤリティを得られる状況になってるのに、韓国がやっとそのことに気付いて関心を持ち始めたというレベルが問題だ。

産業的な視点ではなく、政治的な視点でこの記事のことを語っている時点で幼稚すぎる。


とある韓国人

国産種子の開発と維持は今後の最重要課題だ。


とある韓国人

はぁ・・・玉ねぎにまで反日が波及していくのか。

マジでウンザリだよ。


とある韓国人

玉ねぎの品種名が「K-スタータマネギ」ってwwwww

ああ、グクポンがこのことに酔って、韓国の農産物が世界を制覇している!と言い出すのが容易に想像できるwwww

※グクポン=自国の事なら無条件に称賛する愛国中毒者


とある韓国人

wwww

私は玉ねぎを食べているからおそらく親日派なんだろうなwwww


とある韓国人

本当に笑えるよね。

口に入る米だって日本原産のものも多いし、ミカンもリンゴも日本の種子のもので、日本原産のものを検索すれば大量に引っかかるよ。

それなのになぜ玉ねぎの話ばかりしてるのか?

これも反日ボイコットの延長線か?日本の米を食べながら?


とある韓国人

農産物に起源をきちんと表記してください。

消費者には起源を知る権利があります。


とある韓国人

これまで農協は何をしていたのでしょうか?

国産農業を良くしようという向上心もなく、ただ海外のものを仕入れて育てていただけだ。


とある韓国人

今からでも遅くない、現状を必ず打破しよう。

韓国の農家は世界最高だ。


とある韓国人

ユン・ミヒャン事件があったばかりなのに、いまだに竹槍反日してる奴はマジで豚なのか?

聞きたいんだけど、韓日関係の悪化が国民にとって利点になるのか?

もしくは日本の国民に利点があるのか?

利得があるのは大統領選挙に大勝利した与党だけじゃないの?


とある韓国人

このグローバル社会の中で、全てを自給自足に変えようとする考えそのものが愚かだ。

日本産でも中国産でも国産でも、何を買うのかは消費者が決定することだ。


とある韓国人

知らなかった情報を知らせてくれてありがとうございます。