【お家芸】韓国、米国から機密を不正に盗み出し起訴される=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるDaumより「F22ラプターの機密を不正持ち出した韓国企業役員、米国で起訴」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

F22ラプターの機密を不正持ち出した韓国企業役員、米国で起訴

韓国の軍需企業関係者が米国の先端戦闘機、ミサイル、ドローン(小型無人機)などを制御する技術を不正に持ち出したとして、米国で起訴されたことが分かった。

米VOA放送は8日、米国の兵器メーカー2社から取得した機密情報を韓国に持ち出したとして、韓国の軍需企業役員P氏が米国の裁判所で判決を控えていると報じた。

本紙が入手したP氏の起訴状によると、P氏は2007年9月まで米国の軍需企業A社で戦闘機の武装システムのソフトウエアを開発した。また、07年10月から08年10月までB社でミサイルなどに関するソフトウエア開発業務を担当した。P氏は11年に韓国に帰国した。

P氏が関与した米兵器メーカーの技術は機密事項であり、米国以外に持ち出すことはできないものだった。米検察はP氏が持ち出した技術がミサイル、ロケット、魚雷、爆弾を制御し、飛行機の隊列にも関係する技術だったと説明した。

韓国メディアはこれまでP氏に関する記事で、米国で戦闘機などを専門的に生産するロッキード・マーティン、レイセオン、ボーイングなどで勤務したと報じてきた。特にP氏は米国の最先端戦闘機F22ラプターの武装システムソフトウエアの設計責任者を務めていたとされる。その点からみて、起訴状に明確な説明はないが、P氏がA社から持ち出した武装システムに関連する情報はF22ラプターと関係がある可能性がある。

韓国に戻ったP氏は11年11月、N社を設立した。同社は米国の軍事機密に関係する業務を行う会社ではなかった。しかし、P氏は14年11月、意図的に韓国航空宇宙産業(KAI)関係者に機密が含まれたプレゼンテーションを行い、そこにA社から獲得した情報が含まれていたという。

P氏はKAI以外にも他の韓国の軍需企業にも機密内容を含む説明を行った。米検察は「P氏が軍需企業から契約を取るためにそうした行為に及んだ」と指摘した。

P氏は昨年8月、米捜査当局に逮捕され、今年6月12日に米裁判所で米国の「武器輸出規制法」と「国際武器取引規定」に違反した罪を認めた。P氏が認めた罪は本来最高で禁錮20年、罰金100万ドル(約1億700万円)の判決が下される可能性がある。

しかし、P氏が有罪を認めて和解したことから、米政府は禁錮3年以上の刑を望まないとする意見書を裁判所に提出した。裁判所は9月にも判決を下す予定だ。

このほか、VOA放送によると、米裁判所は先月、韓国人実業家J氏が米国の「軍事戦略物資品目」を購入し、中国企業に転売したとする起訴状を公開した。J氏は軍事目的に転用できる「無線周波数増幅器」「電力増幅器」などを韓国に輸入すると偽り、実際には中国に輸出した。これら製品は先端航空機やレーダー製造にも使われる可能性があるため、事前許可を受けた業者だけが購入できる。

米連邦検察当局は14年、J氏に対する公訴状を提出し、17年にニュージャージー州、18年にワシントンの連邦地裁に起訴した後、事件を非公開で処理していたが、今年6月8日に公表した。捜査開始から6年後、起訴から3年後のことだった。このため、米裁判所が起訴事実を公開したのは、中国とセンシティブな技術を取引しようとする韓国企業に警告を発するのが目的ではないかとの見方が出ている。

ttps://00m.in/napQg

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「Daum」の反応です。

とある韓国人

技術流出というのは良くないことだけど・・・。

そのような技術を密かに私たちがもっているのもいいね・・・(笑)


とある韓国人

P氏は愛国者です。

国家的に保護し、世話しなければなりません。


とある韓国人

F-22ラプターは、米国以外のどの国も保有することができなくなり、販売禁止にされたステルス機じゃないか。

そんな重要なものを開発した責任者だった人間が、韓国人であることが誇らしい。


とある韓国人

自分達が技術を持ち出せば売国奴、技術を持ち帰れば愛国拍手www

とある韓国人

このような天才、愛国者が今まで存在しただろうか・・・。

こういう人こそ国防部に採用して、死ぬまで厚待遇で迎えるべきなんだよ。

韓国の研究開発を前進させてくれる逸材だ。


とある韓国人

韓国の国内にも、私たちの高度な技術を中国に売り渡している売国奴がおびただしくいる。

その売国奴たちもアメリカのように厳しく処罰しろ!


とある韓国人

素晴らしい愛国者だ。

国は決してこのような愛国者を見捨てないようにしてほしい。

家族も愛国者の家族だから、サポートしなければならないね。


とある韓国人

半導体造船技術を中国がコピーしたら思いっきり中国を批難するのに、自分達がやったら愛国心なのか?

少しは擁護も自制しようよ。


とある韓国人

米国がこれに対して機密を持ち出したというのであれば、米国企業で働いた人間はずっと米国にいなきゃならないねw

なんでも機密保持違反扱いにすることが出来る。


とある韓国人

自分が開発し学んだ技術を祖国のために使った。

こういう場合は愛国者なんだから、政府が保護してくれ。


とある韓国人

愛国者ですね・・・

こういう人こそ保護する必要があります。

児童ポルノなんかを作っている人間よりも。


とある韓国人

世界はスパイ戦争中だ。

米国も中国もやってる・・・ましてや猿でもやってることだ。

韓国も対抗しなくてはね。


とある韓国人

国が絶対に最後まで責任を負わなければならないね!

真の愛国者ではないか!!


とある韓国人

米国は韓国に無料で駐留しながら、国にある全ての情報を手に入れている。

私たちの領土、防衛、経済、社会、さらには海の中の地形まで・・・。

韓国人は目を覚ませ。


とある韓国人

韓国へ帰ってきたらパレードだね、歓迎行事をしなければならない。

逆に中国へ技術を売り込む売国奴は国家情報院が追跡して暗殺せよ。


とある韓国人

韓国産の武器が世界の武器市場で脚光を浴びているから、牽制を始めたんだな。

さらに第4.5世代KFXを無力化させるために、生き埋めにしようとしている。

本当にやることが汚いヤンキーだ。


とある韓国人

米国は韓国を仮想敵国として見ているよ。

日本には技術支援まで行っているというのに、韓国にだけは差別してくる。


とある韓国人

韓国では米国のスパイのニュースなんて見たことが無い。

これは米国からのスパイがいないからではなく、スパイが全ての分野を掌握しているからだ。


とある韓国人

本人がその技術を持っている人間だから、盗んだわけではない。

米国の法律で裁かなければならない理由がわからないね。


とある韓国人

技術を持ち帰った人間は愛国者。

国内の技術を流出させた人間は売国奴。