【悲報】韓国で”職場内いじめ禁止法”を施行した結果www=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「改善されない『職場内いじめ』…勤め人の72%『何も変わっていない』」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

改善されない「職場内いじめ」…勤め人の72%「何も変わっていない」

#1.
「職員5人未満の福祉機関に勤務しています。施設長は会議のたびに、機関のことを外部に言う職員に対し、「首を切ってやる」と脅迫します。暴言を止めれば「この××(侮辱的な暴言)。どうしてお前だけ口答えするんだ!」と怒鳴りつけ、出勤が地獄のようです。5人未満の事業所の職場内いじめは雇用労働部も支援できないそうですが、どうしたらよいでしょう」

#2.
「上司と業務に関する話をしていた時、常識以下の悪口を言われました。加害者に問題を提起すると、私を他部署へ移動させたのですが、新しい部署長も加害者と親しい人なので、様々な難癖やいじめなど『パワハラ』に苦しんでいます。会社に正式に届け出ましたが、たいした問題ではないとして、加害者に対し何の措置も取りませんでした。調査過程では逆に私の過ちばかりが追及され、追い詰められています」

上の文章は、労働人権団体「パワハラ119」に今年上半期に情報提供された職場内のいじめの一部だ。16日で職場内いじめ禁止法(労働基準法第76条の2)の施行から1年を迎えるが、勤め人の10人に7人は、この1年で職場内のいじめ行為はあまり変わっていないと考えていることが分かった。処罰規定の不在や広範な死角地帯などにより、同法が職場内いじめの実質的な対策にはなっていないと解釈される。

雇用労働部と韓国労働法学会の共催で15日に開かれた「職場内いじめ禁止制度1周年討論会」において、韓国産業技術大学のイ・サンヒ教授(知識融合学部)が発表した、勤め人1000人を対象として行われた実態調査の結果によると、法施行から1年間で、所属する会社内で職場内いじめがどれだけ変化したかを問う質問に対し、回答者の71.8%は「変化なし」と答えた。「減少した」という答えは19.8%にとどまり、「増えた」も8.4%にのぼった。

職場内でいじめを受けた場合は、「雇用労働部などの外部機関への通報」(21%)や「社内での苦情の申し立てまたは通報」(20.7%)などの公式の手続きで解決するという回答と、加害者以外の同僚への相談(23.5%)、▽退職(13%)、▽無対応(8.4%)、▽移動の要請(1.8%)など、個人で対応するとの回答が拮抗した。法施行から1年を経ても、多くの勤め人は、依然として職場で直面するいじめに積極的に対処することをためらっているということだ。イ・サンヒ教授は実態調査の結果について「被害を訴えた者に対する不利益を禁止しているにもかかわらず、いじめ被害の届け出による不利益を懸念する回答者が多かった」と評価した。

このような認識の背景には、現実を十分に包括できていない現行法の限界がある。まず職場内でいじめ事件が発生した際に、調査・措置義務のある事業主が問題を傍観しても、処罰する条項さえない。人事・教育制度が事実上皆無で、ただでさえ職場内のいじめ被害に脆弱な5人未満の事業所はもちろん、派遣・下請労働者が元請所属の加害者にいじめられた時も、この法律の該当事項とはならない。このような差は、職場内のいじめが法律で禁止されているということを、どれほど知っているかの差にもつながる。パワハラ119が今月初めに勤め人1000人を対象としてアンケート調査を行ったところ、同法の適用を受ける公共機関(75.2%)と300人以上の企業(75.7%)の労働者の約75%は「職場内いじめ禁止法を知っている」と答えた。一方5人未満の事業所では、同法を知っていると答えたのは従事者の40%だけだった。

パワハラ119のオ・ジンホ執行委員長は「加害者処罰条項を作ると刑事処罰の対象になることから、いじめの認定基準を現在より厳格に適用せざるを得ないという懸念はあるが、それさえないと、零細事業所になるほど常習的ないじめ加害を制裁する方法がなくなる。最近、故チェ・スクヒョン選手暴行事件などで、職場内のいじめ問題に対する関心が高まっており、第21代国会の初の通常国会で法改正を急ぐべき」と述べた。

ttps://00m.in/4LRsw,ttps://00m.in/Afz07,ttps://00m.in/oGT34,ttps://00m.in/Z42k7

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

組織がいじめを黙認しているから変わらないよ。

とある韓国人

パク・ウォンスンのセクハラも典型的な職場内の性的いじめの一つだな。

とある韓国人

ここでソウル市庁を見てみよう。

パク・ウォンスンの任期内にソウル市庁で何人の人間が自殺しただろうか。


とある韓国人

これは仕方が無い。

韓国の教育と思想が問題なんだよ。


とある韓国人

強制的に社長が主催する飲み会に出席させられて、社長の息子が結婚したら、強制的に5万ウォンずつ徴収された。

これはいじめとして処罰することはできないのか?


とある韓国人

この法律は何の役にも立っていない。

現実という壁を越えることができないのに作成されてしまった、有名無実な法律だ・・・。


とある韓国人

今は処罰が弱すぎるから意味が無い。

性的暴行をしても、人を殺しても処罰が軽すぎるというのに、職場内いじめにどんな処罰をしてくれるというのか?

いじめを申告したとしても大した処分はされず、加害者が会社に居座るのだから、結局は被害者が会社をやめることになる。

だから申告するだけ無駄なんだよ。


とある韓国人

法律をどうするかよりも個々の意識を変えなきゃいけないんじゃないか?

いじめを減らすために法律を作るという考えからして、根本から間違えている。

「いじめ」がやってはいけないことなんて、小学生でも理解してるだろ。


とある韓国人

いじめ禁止法?

いじめを申告したくても受け入れてくれていないし、今年だけで従業員が9人やめていったよ。


とある韓国人

いじめにあって相談したところ、全く取り合ってもらえなかった。

いくら悪口を言われて笑いものにされても、職場で無視されてもどうすることもできずに辞めることしか出来なかった。

加害者はずっと給料をもらい続けて、今も他の人をいじめているだろう。


とある韓国人

職場内いじめされたことはないけど、昔の職場でいじめられている人間がいた。

逆らうと何されるかわからないし、周囲の人間も助けることが出来なかった。

結局は被害者がただ我慢しているだけで状況が変わらず、ただ可哀そうだった・・・。


とある韓国人

組織というものが存在する限り、永遠にいじめの現実は変わらない。

とある韓国人

銃の携帯を許可したらどうだろうか?

銃の前には自然に全ての人間が礼儀正しくなる。


とある韓国人

どれほど未熟な社会だったら、こんな法律が必要になるというのか・・・。

法律が作られたとしても、また何人かがいじめで死ななきゃ、社会は大騒ぎしないだろうな。


とある韓国人

職場内のいじめを告発しても効果なんてない。

いじめ加害者の上司が加害者の方を擁護した。

私はすぐにその会社を出て行ったよ。


とある韓国人

公企業でさえ職場内いじめがたくさん存在している。

これも仕事だから仕方が無いと思って我慢していたけど、いじめてる奴が子々孫々まで同じ苦しみを味わうことを望んでいる。


とある韓国人

学校でも凄く多い、めちゃくちゃ多い。

特に校長によるいじめ。


とある韓国人

無駄に上下関係が厳しい韓国社会そのものを見直さなければ、いじめがなくなることなんてないよ。

自分が下の人間だった時にされていたことを、上になった下の人たちに対して繰り返す。

こうやって韓国社会は歪んできた。


とある韓国人

申告したとしても、狭い部署とかだったら誰が申告したかなんてすぐにわかるだろう。

そもそも、いじめを告発する勇気があるんだったら、職場内いじめ禁止法施行以前にとっくに自分から告発してるよ。


とある韓国人

ソウル市長でさえセクハラといういじめをやってるんだから、いじめなんてなくなるわけがない。