韓国人「日本の技術力が別次元であることが判明する…」=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「米先端武器を開けてみれば…使われた技術は『メイド・イン・ジャパン』」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


米先端武器を開けてみれば…使われた技術は「メイド・イン・ジャパン」


日本は8月にフィリピンと対空監視レーダー4基を販売する契約を締結し、初めて軍事装備の輸出に成功した。日本は1967年に「武器輸出3原則」を制定し、事実上武器の輸出を禁止してきた。しかし2014年4月に輸出禁止を緩和した「防衛装備移転3原則」を制定してから輸出を始めた。

日本が生産する武器は価格が高く、コストパフォーマンスが落ちるという評価を受けている。日本の武器は事実上自衛隊だけが使うが、自衛隊の規模が小さく導入する数も多くない。このため生産ラインを維持するためには高額になるしかない構造だ。こうした問題を解決するには輸出を通じて生産量を増やさなければならない。

日本の防衛産業関連企業は生き残りの脅威を深刻に受けている。安倍前首相の在任時には防衛費を拡大し続けたが、F-35Aステルス戦闘機とイージス・アショアなど米国の武器導入に多くの予算が投じられただけで、日本企業が生産する武器の導入は大きく増えなかった。

特に航空宇宙関連業界は2007年に日本が作るF-2戦闘機の生産が早期に終了して新しい仕事がなく設計と開発人材を維持するのが難しくなった。F-35A戦闘機の現地組み立て生産も日本企業に大きな利益はない。

地上装備分野でも日本企業の事業断念があった。日本の防衛産業企業である小松製作所は昨年2月に環境規制をクリアするエンジン開発が難しいという理由で開発を進めていた軽装甲車の開発を断念するあと明らかにした。この事業には三菱重工業とともにフィンランドのパトリアと米国のジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズが挑戦状を差し出した。

日本の防衛産業関連企業生き残りに向けた輸出戦略

日本は輸出対象に対し「軍事武器」ではなく「防衛装備」と呼ぶ。2014年に規定が変わったが、攻撃武器ではなく人命救助、輸送、警戒・監視活動などに使われるものだけ輸出している。輸出も防衛省と外務省がまず判断するが、経済産業省が中心となっている。

初めはアジア・太平洋地域の国が目標だった。販売品目も水上偵察と人命救助用US-2水陸両用機や対空監視レーダー程度だった。US-2はインドとインドネシアが関心を見せたが販売には至らなかった。レーダーはタイに提案したが失敗した。

最大の失敗はオーストラリアの潜水艦事業だ。オーストラリアはコリンズ級潜水艦に代わる次世代潜水艦12隻を、技術移転を受けオーストラリアで建造する計画を立てた。日本は米国の支持を背にして挑戦状を差し出した。だが企業の微温的姿勢と政府の輸出経験不足でオーストラリアが希望する産業的要求などを満たせず、フランスのバラクーダ型潜水艦に機会を奪われた。

成功より失敗が多い

日本は数回の挫折にもあきらめず退役武器供与と政府開発援助(ODA)などを動員して輸出を支援した。退役武器供与の最初の受恵者はフィリピンで、日本の海上自衛隊で退役したTC-3訓練機を導入して海上偵察機として運用している。マレーシアは日本の海上保安庁で退役した警備艦を譲り受けて運用している。

ODAは日本政府の予算で執行されるが日本の防衛産業企業で製作したものを支援した。ベトナムとフィリピンがODAを通じ日本で作った警備艦を支援された。こうした支援に力づけられフィリピンとレーダー輸出契約を結んだのだ。ベトナムも海洋警備隊の艦艇6隻の導入を検討している。

日本は全面的な技術移転も約束している。日本はインドネシアに海上自衛隊でもまだ使っていない新型護衛艦を提案している。護衛艦は攻撃能力を備えた武器で輸出が難しいという予想もあるが、日本では共同開発を通じて解決できるという見通しも出ている。

日本のアジア太平洋地域への防衛装備輸出は中国の南シナ海進出に対応するという目的も大きい。中国の拡張に恐れを感じるこの地域の国に必要な装備を輸出して共同対応体制を作るという戦略だ。

米国の先端武器開発にも参加

日本は遅々として進まないプラットフォーム輸出と違い先進国と先端技術と部品を利用した共同開発で成果を出している。代表的なものは米海軍が最近大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃に成功した防衛ミサイルである「SM-3ブロックIIA」が挙げられる。日本はここに円錐型弾頭前部のノーズコーンなどを供給する。

米国が開発した陸上配備型弾道ミサイル防衛(MD)システムであるイージス・アショアに装着するSPY-7レーダーにも日本の技術が使われている。SPY-7は日本のほかにもカナダとスペインの次期戦闘艦に搭載される。

英国とは長距離空対空ミサイルを共同開発している。日本が開発したAAM-4Bのレーダー探索器と欧州MBDAが開発したミーティオミサイルを結合し、改良型である新型長距離ミサイル(JNAAM)を開発してF-35戦闘機に搭載する予定だ。日本はJNAAMをドイツとフランスなどミーティオミサイル運用国に輸出することを希望している。

日本の武器輸出は規模の面ではまだよちよち歩きの段階にすぎない。しかし日本の先端技術部品を使った武器の共同開発を米国と欧州に提案し、部品輸出に活路を見出す可能性が大きい。国際共同開発は、リスクは分担しつつ同時に市場は育てる方法だ。

韓国の防衛産業輸出は停滞状態にある。日本のように国際共同開発プロジェクトを発掘したり参加する案を積極的に検討しなければならない。

ttps://00m.in/Wgsx4,ttps://00m.in/wS6dc

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

韓国が日本から学ぶ点は多いんじゃないか?

メイド・イン・ジャパンといえば、無条件に信頼されるほどだ。


とある韓国人

反米反日によって私達が得たものは果たして何なのだろうか?

自分達の支持層を団結させるためだけに、国益を失ってしまった無能政府・・・。

日本が核を落とされても親米国家である理由を考えてみて欲しい。

国際秩序は、徹底的に国益に従わなければならない。


とある韓国人

半導体、ディスプレイ、鉄鋼、自動車を問わず、日本の技術を模倣し、価格を安くして製造し輸出していたのが韓国経済の成長軸だった。

しかし、中国が今よりも安い製品で追撃者の役割を果たしているため、韓国がますます居場所を失っている傾向にある。

半導体ぐらいしか残っていないが現実で、一部の無知なムン・ジェイン信者はこのような状況認識をせず、ひたすら目と耳を閉じて、この国を台無しにしようとしている。


とある韓国人

羨ましいね・・・。

私たちは反日だけが正解みたいになってて、笑いだけが出てくる・・・。


とある韓国人

文信者「我々は勝利することが可能だ!無条件に我々の方が上手だ!

同意しなければ土着倭寇。

全員、ろうそくと竹槍を持て!!!」


とある韓国人

そんなものだろう。

一部の韓国人たちが日本を無視しているが、日本の科学技術力はまさに世界のトップオブトップだ。

今回、小惑星に行って試料を採取したのも米国ではなく、世界に先駆けて日本がしたことだ。

人類が最初に地球以外の他の場所へ行って、その結果を送信して受けとったのも日本が唯一だ。

日本に比べれば、韓国の科学技術力と科学者に接する政治家の態度なんかは比べものにならない。


とある韓国人

日本が凄いというのは当然だ。

私達は熱心に走って追いかけなければならない状況だ。

それなのに政府の姿を見ていると本当に息苦しくなる。


とある韓国人

日本に無条件に悪口を言って排他的に扱うのはやめよう・・・。

学ぶことは学んで、罵りは胸の中に抱いて頑張りましょう。

私たちはうまくていっていた原子力発電技術さえも淘汰しようとする政府に何を求めることができるだろうか?

その間、福島は災害をも勝ち抜いて日々発展しています。


とある韓国人

私は全羅道の獣に比べたら日本人の方がよほど良い。

※全羅道=左派層・文政権の支持者が多い地域


とある韓国人

アジア唯一の先進国は、日本だよ。

科学、経済、文化、市民意識、何一つとしてダメなところが無い。。


とある韓国人

いわゆるグクポンユーチューバーが何かと日本を超えたと扇動している。

いくつかの分野で私たちが追いついてはいるものの、全体の枠組みでは、まだ追いついていないのが現実です。

日本を無条件に排斥するのではなく、必要なことは日本から受け取って、自分達の糧とすることが必要です。

150年以上前、日本は果敢な改革・開放によって欧州先進国と肩を並べました。

朝鮮は一方的な鎖国政策と中国の儒教的朝貢文化を捨てられず、これまでその影響によって格差が広がりました。

歴史的な間違いを繰り返してはなりません。


とある韓国人

メディアや政府が日本を見下すことのみを助長する。

しかし、彼らの経済力と技術力は世界でもトップクラスだ。


とある韓国人

日本だといって無条件に悪口を行ってはいけません。

勝つ力もないと言うのに、政治的に利用するばかりで情けない。

精神勝利はやめて現実を直視せよ。


とある韓国人

日本との競争によって私たちはここまで成長することが出来ていた。

これまでコピーもたくさんしてきたのに、今になって政治的に利用しようと敵対関係に転じるとは、恥を知りなさい。


とある韓国人

海外から見れば韓国と日本では、立場が天と地ほどの差だ。

経済大国3位、技術と特許を多数保有しているのが日本だ。

ノージャパンなんて海外から見れば、過去の植民地支配からの韓国人の劣等感によるものだと見られている。

それがなぜわからない。

注目記事