韓国メディア「原油凍結資金、やはり米国のせいだった…」→韓国人「いや、その論理はおかしい」=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「韓国にイランの凍結資金が最も多い理由とは」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


韓国にイランの凍結資金が最も多い理由とは


「韓国ケミ号」がイラン革命防衛隊に拿捕された事件以降、韓国の2つの銀行に凍結されているイランの原油代金約70億ドルと、韓国の銀行に預けられているイランのメラット銀行の支払準備金約20億ドルに注目が集まっている。

米国のトランプ政権による対イラン制裁で、各国の金融機関に凍結されたイランの原油決済代金の中で、韓国に足止めされている金額が最も大きい。日本に凍結されたイラン資金は15億ドル規模だとロイター通信は報じた。中国内のイラン原油決済資金は200億ドルという報道もあるが、中国はイラン産原油を輸入し続け、貿易も行っているため、凍結状態の韓国とは状況が異なる。

なぜ韓国にはこれほど多くのイランの資金が凍結されているのか。逆説的に、米国の制裁以前にイランと韓国の貿易が非常に活発だったためだ。特に、イランの対アジア政策において、韓国は重要な位置にあった。1979年のイスラム革命以降、米国と対立するようになったイランは欧州諸国に近づく「西進政策」を進めた。しかし、1992年9月にドイツのベルリンでイラン系クルド人指導者が暗殺された「ミコノス事件」の背後としてイラン情報当局が疑われ、欧州諸国との関係が疎遠になった。イランはその後、アジア諸国との関係を強化する「東進政策」を展開したが、中でも韓国が重要なパートナーとなった。イラン人たちは「米国と緊密すぎる」日本には拒否感を示す一方、韓国には友好的だった。イランの主要銀行のメラット銀行はソウルに支店を置いているが、日本や中国には支店がない。欧州企業が撤退した人口8千万人を超える巨大イラン市場で、過去約10年間、韓国の製品は家電や自動車、化粧品、医療の分野などで最高の人気を博してきた。

2010年に米国のオバマ政権がイランの核開発を理由に「対イラン包括制裁法」( Comprehensive Iran Sanctions, Accountability and Divestment Act)を施行したことを受け、韓国とイランはウリィ銀行とIBK企業銀行にウォン建て口座を設けた。韓国がイラン産原油輸入代金をこの口座に預け、韓国企業がイランに輸出する物品の代金をこの資金から支払うシステムを作ったのだ。韓国のエネルギー関連企業各社が輸入するイラン産原油の代金が、韓国の対イラン輸出額より大きかったため、同口座の預金は増える一方だった。2018年にトランプ政権はイラン核合意(JCPOA)から一方的に脱退し、制裁を強化すると共に、2019年5月からはこのウォン建て決済口座に対する制裁免除の延長も米国が拒否した。当時、韓国外交部と米国国務省の交渉担当者の間では、制裁免除の延長に合意したが、トランプ大統領とポンペオ国務長官がこれを拒否したという。何の準備もなく70億ドルをイランに返す道が急に閉ざされてしまったのだ。

その後、韓国とイランの関係は急速に悪化した。一次的責任は米国のトランプ政権にある。米国の制裁を違反する場合の不利益を考えれば、韓国が金を返すことは難しかったかもしれない。しかし、イランを説得し、その後両国関係の修復を準備すべき韓国の外交も見えてこなかった。似たような立場の日本は2019年に安倍首相がイランを訪問し、イランのロウハニ大統領が日本を訪問する積極的な外交を行った。チェ・ジョンゴン外交部第1次官の10~12日のテヘラン訪問は、韓国政府高官としては実に4年ぶりだ。複雑に絡まってしまった事態を解決する多次元外交が切に求められる。

ttps://00m.in/I3jWM,ttps://00m.in/Pnwfn

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

一時的責任は米国ではなく、韓国にある。

多次元的外交で解決するというのであれば、なぜイラン制裁発動時に外交によって解決し、原油代を支払わなかったのか。


とある韓国人

外交が破綻している・・・。

とある韓国人

今ごろ、カンなんとかさんは何をしているのだろうか?

ヨットを手に入れたし、世界一周でも計画しているのか。

※カンなんとかさん=カン・ギョンファ(韓国外国部長官)


とある韓国人

結局は外交の力量に違いがありすぎるということですね。

とある韓国人

イランが悪質な国だとしても、その国と取引して原油を購入したのは韓国の選択だ。

自らの意志で選択したのだから、米国を言い訳にせず支払うべきだと思う。

米国を言い訳に支払わないというのは、立場の強い人間に買い物をしてもお金を支払うなと命令された場合に、お金を支払わなくてもいいという論理になる。


とある韓国人

ケミ号がなぜホルムズ海峡で拿捕されたのかを知っているか?

ケミ号は船のオーナーの収入のために、危険を冒してまでその航路を選んで運航した。

乗組員の安否など度外視してね。

一攫千金を狙って冒険を敢行した結果がこれなんだよ。

もちろん韓国政府は最善を尽くさなければならないだろうが。


とある韓国人

凍結資金が自分のものではなく、イランのものなのであれば、早く支払ってやれよ。

とある韓国人

>>凍結資金が自分のものではなく、イランのものなのであれば、早く支払ってやれよ。

その資金が核に変わったらどうするの?


とある韓国人

この政府の外交は本当にめちゃくちゃだ。

執権以来、北朝鮮だけに片思いしていて、外交が行方不明になっている。


とある韓国人

私たちはろうそく集会による錯覚に陥って、無能な大統領を選びました。

期待とは異なり、どのような分野でも業績を見ることができません。

イランとの平和はもちろん、フランスへ行っても、米国を排除して北朝鮮に対する経済制裁を解いてくれと要求し追い出されるという事例などから、無能の極致である事例をいくつも見つけることが出来ます。

私は目を覚ます必要があったようですね。


とある韓国人

イランはお金を得ることが出来なかった。

そして、私たちは米国を言い訳にして、お金を支払おうとする努力もしてこなかった。

ご飯を食べたなら食事代は支払わなければならない。

私たちが間違っている。


とある韓国人

>>私たちは米国を言い訳にして、お金を支払おうとする努力もしてこなかった。

何言ってんの?米国を言い訳にしているのではなくて、今はイランへ制裁中だ。

世界のいかなる国でもイランの資金は凍結されている状態だ。

世界平和をおぼやかしたイランこそ間違えていたんだ。


とある韓国人

外交の失敗だ。

外交を通じて、米国のイラン制裁に押されることなく、しっかりと原油代金を支払うべきだった。

無能なムン・ジェイン政権の外交不在が起こした私達の責任だ。

ムン・ジェインは検察改革の名の下に、自分の身を守ろうとしか考えていなかった。


とある韓国人

米国の顔色を伺い、北朝鮮の顔色を伺い、中国の顔色を伺い、本当に顔色を見ているのが上手な政権ですね。

とある韓国人

外交が存在しない国。

結論はムン・ジェインということだ。

注目記事