【悲報】韓国の野蛮な暴力文化の実態…メディアによって暴露される=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「『殴ってこそ実力上がる』…韓国体育界の日常化した暴力、今も続く」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

「殴ってこそ実力上がる」…韓国体育界の日常化した暴力、今も続く

「スポーツというもの自体が少し殴ることも必要だと思う。そうしなければ好成績を出すのが難しい」(高校生男子野球選手)。

「先輩もしてきたので自分たちもそれが自然になった。スポーツする人たちは殴られてこそ気合いが入る」(中学生男子アーチェリー選手)。

2019年に国家人権委員会が小・中・高校など学生選手6万人を全数調査した当時に出てきたコメントの一部だ。最近、女子プロバレーボール選手のイ・ジェヨン、イ・ダヨン(25)の双子姉妹が過去に犯した校内暴力の暴露をきっかけに、スポーツ選手の暴力の前歴に注目が集まっているが、依然として一線の学校では選手が暴力に露出していて、被害者さえもこれを当然視しているという指摘がある。

人権委が全国の小・中・高校選手6万3211人を対象に人権実態を調査した結果によると、回答者の14.7%(8440人)がコーチや先輩から「身体暴力」を経験している。暴言や脅迫など「言語暴力」も15.7%(9035人)にのぼり、小・中・高校選手のうち小学生の被害事例が最も多かった。身体暴力は学年が上がるほど増える傾向にある。高校生の被害事例が最も多かった。

しかし被害学生の大半は報復を恐れたり、対処方法が分からず、消極的に対応していた。調査によると、身体暴力を受けた学生選手のうち回答者の79.6%(4898人)は被害事実を周囲に知らせなかった。その理由として「報復が怖い」(24.5%)、「対処方法が分からない」(13%)などと答えた。イ・ジェヨン、イ・ダヨンの双子姉妹から暴力を受けた被害者も「10年も過ぎたので忘れて済ませようと思ったが、当時の記憶が思い浮かび、自分を省みてほしいという思いで勇気を出して書く」とし、自分が受けた暴力を最近知らせた。

京畿道(キョンギド)女性家族財団のチョン・ヘウォン研究委員は「学校の運動部では先輩・後輩と共に合宿し、団体生活をする過程で、暴力や統制に順応したり、自身も暴力の加害者の役割をすることになる、いわゆる暴力の社会化過程が形成されやすい」と説明した。実際、人権委が実施した全数調査で、小学生は身体暴力を経験した後の感情を尋ねる質問で、回答者の38.7%(898人)が「もっと頑張らなければいけないと思った」と答えた。こうした結果をめぐり人権委は「日常化した暴力文化の中で、小学生時代からすでに暴力を練習や実力向上のための必要悪と認識している」とし「こうした暴力の内面化は、スポーツ集団内の暴力文化が持続、再生産される悪循環の原因になりかねない」と解釈した。

専門家らは体育界の暴力問題を根絶するためにはエリート中心の体育文化が変わるべきだと指摘した。西江大教育大学院のチョン・ヨンチョル教授は「いくら反倫理的な行動をしても試合の結果が良ければ許され、金メダルを獲得すればすべての免罪符が与えられる、いわゆるエリートスポーツの慣行が過去から現在まで続いている」とし「チームのエースの目を気にする行動、指導者の黙認下での暴力が広い範囲で見られ、いま表れているのは氷山の一角にすぎない」と話した。チョン・ヘウォン研究委員は「学校の運動部は軍隊のような位階と序列、権力と統制、服従の規範が作動する集団的な特性を持ちやすい」とし「安全で差別なくスポーツをしやすい環境をつくるためのコーチの努力が必要であり、これに関する教育法がまともに伝授されなければいけない」と強調した。

ttps://cutt.ly/zk1Z2bL,ttps://cutt.ly/hk1Z8Ld

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

この時代に暴力が横行しているという事実が恥ずかしい。

とある韓国人

現在のプロスポーツ選手の中で、いじめや虐待から解放された自由な選手なんているのだろうか?

慣習という名目の下続く後輩たちへの身体的暴力、言葉の暴力、いじめなど、無数に横行する暴力を受けてない人はいるのか?


とある韓国人

小中高の子供達を合宿地にとどまらせていることも問題だろう。

練習が終わったら家に送って、両親と生活を共にして、個人的な時間も過ごせるような環境を作るべきだ。

まだ若い時にスポーツだけが全てだと思わせて、そのような考えを持つ人々の中で育ってしまうことは、短期的に考えれば良い面もあるけど、人生全体で考えればあまり良いこととは思えない。


とある韓国人

こういう人間が土着倭寇なんじゃないか。

朝鮮人を目覚めさせるためにはこれが正しいに違いない!と日本人の政策を着実に実践する者たちだ。


とある韓国人

泰陵選手村、鎮川選手村をなくして、エリート体育は終わりにしましょう。

これではオリンピックのメダルに何の意味もない。

年金もなくして、兵役兵役もなくそう。


とある韓国人

それじゃあ監督やコーチのことも殴ってやればいい。

殴られてこそ実力が向上すると思いますよ!w


とある韓国人

イ・ジェヨン、イ・ダヨン姉妹は必ずスポーツ界から追放しなければならない。

とある韓国人

暴力はスポーツ界で蔓延している。

私は小中学生とスポーツをしていたけど、試合の日には卒業した先輩が競技場までやってきて、試合が始まれば団体で応援してくれた。

しかし、試合に負けた時、何人かの先輩が机の上に置いてあったものを投げつけてきた記憶が鮮明に残っている。

それは一種の通過儀礼だと思っていた、先輩たちが正しいのだと。

人間の残忍さや暴力性、罪深さが最も露呈される現場がスポーツ界だと思っている。

これをきっかけにして、暴力を振るう選手は無条件に全員追放しなければならない。


とある韓国人

殴って苦痛を与えてお金を稼がせる。

旧時代の奴隷文化と何も変わらないようだ。


とある韓国人

今も殴られて蹴られても泣くこともできない若い選手がたくさんいます。

既に暴露されているバレーボール選手など一部を追いかけるのではなく、腐った韓国体育協会に代わり、誰かが若い選手を保護する制度などを設ける必要があるでしょう。


とある韓国人

現在は、金メダルのために命懸けで少数だけを育てるエリートスポーツの時代ではありませんよ?

現在は、全てのスポーツで楽しく運動する環境を作らなければなりません。

一方で、学校で校内暴力をしていた人間はプロ入りを禁止にするなど、そうした制度つくりも必要だと思います。


とある韓国人

こういうことがあるから、スポーツをしていた人間とは結婚したくないんだよな。

暴力が日常になっている。


とある韓国人

この事実は本当に・・・本当に恥ずかしいことだと思います。

暴力が根こそぎ韓国からなくなることを願います。

今の時代がいつだと考えているのだろうか、なぜここまで暴力がたくさんあるのだろうか・・・。


とある韓国人

その人のためを思って殴っているのではなく、勝利という結果が自分に必要だから殴ってるだけだよね。

とある韓国人

学校の体育教師は、人間性よりも実力を重視するという、誤った価値観を学生に植え付けてはならないね・・・。