【悲報】韓国さん、225兆ウォンが無駄になる大惨事=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「韓国、225兆ウォン投じても惨事…『このままであれば13年後に最悪の状況が来る』」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

韓国、225兆ウォン投じても惨事…「このままであれば13年後に最悪の状況が来る」


「予想はしたが、はるかに深刻だ」

24日韓国統計庁がまとめた「2020年出生・死亡統計」を見て専門家たちが出した評価だ。昨年出生率、出生数など指標が2019年統計庁が予想した数値よりも著しく低かったためだ。このような速度であれば総人口が4000万人台に減る時点も当初の予想(2044年)より10年程度早まる恐れがあるという。学齢人口の減少にともなう教師就職難の深化、労働力の高齢化による経済生産性の低下など「人口リスク」も大きくなるだろうという声が高まっている。

昨年、合計特殊出生率0.84人

韓国の合計特殊出生率は2018年0.98人、2019年0.92人だった。合計特殊出生率とは、女性1人が一生産むと予想される平均出生数を示す。女性が一生子どもを一人も産まない国になったわけだ。国連によると、世界198カ国の中で出生率が1人にも及ばない国は韓国が唯一だ。韓国の出生率は197位であるプエルトリコ(1.2人)よりも低い。台湾も出生率が世界的に低い国だが、2018年1.06人から2019年1.2人に増えてて韓国よりは良好な方だ。

少子化の速度が速くなると、統計庁も見通しを大きく修正した。2017年発表した将来人口推計(中尉秋期基準)では昨年合計特殊出産率を1.24人と提示したが、2019年推計では0.90人に下方修正した。問題は、これさえも楽観的な展望になってしまったという点だ。蓋を開けると、昨年合計特殊出生率は0.84人にとどまった。0.9人割れとなったわけだ。

出生数の見通しも外れた。昨年出生児予想値は2017年推計では40万9000人で、2019年推計では29万2000人だった。実際は27万2000人にとどまった。

統計庁は人口状況が最悪に悪化するときを仮定した「低位推計」もしておいた。低位推計によると、昨年合計特殊出生率は0.81人だ。現在の状況は低位推計にさらに近い。

ソウル大学保健大学院のチョ・ヨンテ教授は「今のままでは今後の人口変動は低位推計と似ているように進む可能性が大きい」として「コロナ禍で昨年結婚件数が急減し、経済主導者の萎縮された心理が解決まで時間が長くかかるため」と話した。昨年結婚件数は21万4000件で前年より10.7%減った。2019年より減少率(7.2%)がより大きかった。

統計庁の中位推計上では、内国人と3カ月以上国内滞留外国人を合わせた総人口は2039年減少し始め、2044年(4987万人)には5000万人割れとなる。だが、低位推計では10年早い2034年(4993万人)に4000万人台に減少する。このような最悪のシナリオが現実になる可能性が大きくなった。

少子高齢化のリスク大きくなる

専門家たちは人口がこのように早く減少すれば、消費の停滞、デフレーション、求人難など副作用が大きくなり、低成長が固定化するだろうと警告している。一例として、消費者物価上昇率はすでに2019年(0.4%)に0%台に落ち、デフレーション現実化に対する懸念の声が上がる。昨年も0.5%にとどまった。求人難の場合、まだ就職難がさらに深刻で浮き彫りとなっていないが、総人口が今より1000万人以上減少すれば産業現場で「人手が足りない」という声が高まるものとみられる。

順天郷(スンチョンヒャン)大学IT金融経営学科のキム・ヨンハ教授は「さらに大きな問題は労働力が高齢化し、経済生産性が大きく低下するという点」としながら「若年層はなく、中高年層だけが多い企業では革新が発生し難い」と指摘した。1990年代から始まった日本の長期不況、いわゆる「失われた20年」も根本的な原因は労働力の高齢化にともなう経済躍動性の低下という指摘が多い。

少子・高齢化は社会保険・国家財政にも大きい脅威になる。社会保険料と税金を払う生産年齢人口は減る一方で、福祉の恩恵を受ける高齢者だけが急増すれば財政赤字が増えるためだ。政府は国民年金財政の場合、2041年赤字に転じ、2056年積立金が枯渇すると予想しているが、赤字転換、積立金減少の時点がこれより早まるだろうという見通しが広がっている。

ttps://cutt.ly/llWfRIc,ttps://cutt.ly/JlWfIHd

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

このレベルであれば、お金がどこに消えたのか調査しなければならない・・・。

とある韓国人

もう下手に何も考えず、その予算を出産した親にそのまま給付した方が遥かにいいだろう。

とある韓国人

子供達に勉強させることも難しく、大学へ通わせることも難しく、大学を出たとしても就職しにくく、就職しても定年退職まではしばらくかかる・・・。

そんな暮らしをさせてまで子供が欲しいと思いますか?

更に、政府は国民に希望を与えるのではなく、事件を起こしては国民を分裂させて、動揺ばかりを与えている。

ほとんどの人間はお金があったとしても子供が欲しいとは思わないでしょう。


とある韓国人

その225兆ウォンは国民のために使われることなく、左派の政権維持のために湯水のように使われたんだろうな・・・。

とある韓国人

金さえばら撒いていればどうにかなるという政府の傲慢が明らかになった。

安定した育児をするための雇用の安定、住宅が不可欠だが、不動産価格の急騰に20~30代の失業率が歴代最高。

これだから災害的出生率を記録するしかない。


とある韓国人

女性の徴兵制を義務化し、子供がいる場合は兵役を免除することにしましょう。

それだけで出生率が90%以上上昇すると思いますよ。


とある韓国人

国民の税金を225兆ウォンも消し飛ばしておいて、責任を取る人間が誰一人としていないwwww

とある韓国人

最大の問題は過度な養育費と爆発的な教育費と不平等な社会構造だ。

テレビで放送されている芸能人たちが語る空想上の教育現場には違和感があるし、既に公教育は崩壊して久しい。

今は私教育が支配していて、すなわちそれは親の財力によって子供の進路が決定される教育現場となっている。

教育の平等が実現しなければ、今後もますます出生率は低下し続け、地獄のような少子高齢化を招くことになるだろう。


とある韓国人

むしろそのお金を子供一人につき50万ウォンずつ支援してくれたら、今よりも遥かに良い状況になっただろう。

お金を無駄遣いした挙句出生率が0.84。

このままいけばこの国に未来はない。


とある韓国人

225兆ウォンを使ったことが重要なのではなく、保育園、幼稚園、子育て世代へのサポートなど、適切な場所に適切に使われたかどうかが重要。

何も考えず予算を組んで、それを適当に消化するだけなら小学生でも可能。

つまり、今のアマチュア政権の少子化対策は小学生以下ということを意味する。


とある韓国人

貧しい家庭に生まれて育った子供は本当に幸せですか?

この国では貧しい家庭に生まれた瞬間、ほとんど人生が決まってしまう。

少子化対策の前に二極化してしまった社会をどうにかすべきだと思います。


とある韓国人

もちろん単純計算できるものではないが、電卓をたたいてみると、225兆ウォンのお金を2019年の出生児数である30万人で割ってみると・・・。

一人当たり7億5千万ウォンというお金になる・・・。

これを計算しやすい約10年という期間に設定して、300万人の出生児があったとする。

そうすれば一人当たりに7500万ウォンを使うことが出来るはず。

一体こんな大金がどこへ消えてしまったのかがわからない・・・。


とある韓国人

この記事は素晴らしいですね。

政府の顔色をうかがうのではなく、メディがこのような社会問題をどんどん見つけて国民に知らせなければならないと思います。

国の現状を把握していない無能政権にも、それを支持する迷惑な国民にも、今の国の危機をしっかり認識させる必要があります。

国のために手と足を忙しく動かすジャーナリストの皆さんを応援しています。


とある韓国人

225兆ウォンをそのまま子育て世代に配るか、子育てのための住宅建設に使っていれば、人口問題と住宅問題を一気に解決できたと思います。

甘言に騙されて無能な政治家を選んでしまったせいで、無駄に国庫を浪費しただけで終わってしまいましたね。

100年後には現政権の悪政が歴史の教科書に登場するでしょう。


とある韓国人

このまま民主党が執権を続ければ、韓国は間違いなくベネズエラ行の特急列車となる・・・。