韓国人「韓国が国産ロケットを打ち上げられない理由がこちら…(ブルブル」=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「ヌリ号打ち上げ8カ月延期…前・後方胴体部品が原因」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


ヌリ号打ち上げ8カ月延期…前・後方胴体部品が原因

当初先月の試験打ち上げが予定されていた韓国の国産ロケット「ヌリ号」(KSLV-II)の開発日程が遅延した背景に、ロッテグループ系列会社が納品した不良部品が影響を及ぼしていたことが確認された。韓国航空宇宙研究院は該当部品を他の中堅企業に任せて不良率を改善した。

科学技術情報通信部が7日に明らかにしたところによると、昨年9月~11月にヌリ号打ち上げ計画に対する総合点検をした結果、部品問題が明らかになり、国家宇宙委員会を開いてヌリ号打ち上げ計画を延期した。

この時、総合点検で問題になった部品は大きく2種類だ。ヌリ号最下段の1段ロケットと2段ロケットをつなぐ部品である前方胴体、ロケット本体とエンジンをつなぐ後方胴体だ。

前方胴体は薄く軽い繊維複合材を使って製作する。当初この部品は素材企業のデック航空が製造した。デック航空はロッテケミカルが株式の100%を持つロッテグループ系列の会社だ。

デック航空が納品した部品の不良率が問題だった。当時ヌリ号事業に関与した関係者は、「直径が3.5メートルに達する1段ロケットと直径が2.6メートルの2段ロケットをつなぐには部品の純度が重要だが、デック航空が製造した部品は内部に不純物が多く、ヌリ号の荷重に耐え難く耐久性が落ちるという評価を受けた。あまりに精密な作業のため製作過程である程度の不良率が出ることはあるが、デック航空の不良率は耐えられないほどだった」と説明した。

韓国政府は結局該当部品メーカーを韓国ファイバーに変更した。供給企業を替えてから2カ月後の先月25日にヌリ号は100秒間燃焼試験に成功した。

航空宇宙研究院は「規定によりデック航空に遅滞賠償金を請求した」と説明した。ただ契約金や遅滞賠償金規模は明らかにしなかった。

だがこの過程で1兆9572億ウォンを投じた国家宇宙プロジェクトが8カ月延期された。航空宇宙研究院は「ヌリ号打ち上げ延期による人件費と技術費予算は追加で確保したが、ハードウェア性経費は追加されなかった」と話した。

デック航空はヌリ号の他の部品製造も担当している。ヌリ号2段ロケットの後方胴体と1段・2段・3段ロケットのケーブルカバー、そして一部パネルの設計・製作・組み立てはそのまま進行中だ。航空宇宙研究院によると、デック航空が納品する部品のうち前方胴体を除いた他の部品の品質に大きな問題はなかった。

デック航空はこれに対し「ヌリ号開発事業は政府主導で多くの企業が同時に参加する国策事業。保安事項であるヌリ号製作過程については言及できない状況だ」と話した。

1段ロケット下段に取り付けられた75トン級エンジン4基を支持しロケット本体とエンジンをつなぐ後方胴体も問題だった。構造試験装備を通じて荷重テストをしたところ、この部品はヌリ号飛行時にかかる荷重300トンをやや上回る荷重がかかるとわずかにゆがむなど破損の兆しがあった。

この作業はS&K航空が担当したが、製造過程で問題はないと明らかになった。航空宇宙研究院は部品設計を補強した後にS&K航空に再製作を依頼した。

航空宇宙研究院によると、ヌリ号は多くの部品を手作業で進める。したがって部品を交換するにはロケットを相当部分解体した後に再組み立てする過程を経なければならない。部品2個のため8カ月遅延した背景だ。

韓国科学技術院(KAIST)航空宇宙工学科のタク・ミンジェ教授は「ヌリ号を独自に設計・製作する過程で体験した試行錯誤。メーカーを交替したり補強設計を進める過程で韓国企業が独自の技術力を確保することが重要だ」と説明した。

科学技術情報通信部の李昌潤(イ・チャンユン)マクロ公共研究政策官は、「技術的な問題でヌリ号打ち上げ日程が8カ月ほど遅れたが、先月1段ロケットの燃焼試験に成功し、研究院が自信を得た。これ以上韓国型ロケット事業が遅れないよう政府が積極支援したい」と話した。

ttps://cutt.ly/kzapIIq,ttps://cutt.ly/IzapS3S

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

トップの持株会社が日本の光潤社だ。

だから日本企業なんかに注文を委託しているのだろう。

※光潤社=ロッテHDの筆頭株主であり、ロッテ創業家一族の資産管理会社。韓国ではロッテは日本企業だとして、ネット上ではよく袋叩きにされている。


とある韓国人

日本企業にやられたな。

とある韓国人

国策事業において、このように特定のメーカーの部品が問題だとする記事は初めて見た。

なんか誰かが作為的に矛先を向けようとしている気がする。


とある韓国人

ロッテという企業は戦犯国が母国の日本企業であり、国内では食品販売において質の悪い菓子や飲み物を主力製品として販売している。

そして、その収益を母国である日本へと収奪している。

韓国に寄生する悪徳企業…ノー・ジャパン!!!!


とある韓国人

1つの部品で8か月の遅延ならば、壊滅的な損失です。

全体的に点検して繰り返されることがないように願います。

時間とお金の損失については、正確に責任を問わなければなりませんね。


とある韓国人

日系、中国系企業は関連会社から下請けまで、防衛産業、宇宙開発、先端技術関連は絶対に任せられない。

水面下での作業もあり得るし、技術流出などあって信頼することが出来ない。

ロッテは遅延により発生した全ての費用を負担しろ。


とある韓国人

日本の妨害工作によって被害が引き起こされた。

とある韓国人

韓国の国民として試験発射の成功を願います。

しかし、延期・遅延の理由を特定の部品のせいにするとしても、あえて特定の企業まで名指ししている状況を見ると、とても不安になります。

科学者の方々、責任も重要かもしれないですが、成功するために技術・科学にもっと焦点を絞っていただければと思います。


とある韓国人

チョッパリの企業に国策事業を任せるなんて・・・。

とある韓国人

開発をしていれば失敗することもあるだろう・・・。

失敗したとしてもそれはノウハウとして蓄積される。


とある韓国人

ガムを作るロッテに先端部品を作らせる?www

とある韓国人

8か月後であれば来年1月だよな・・・。

大統領選挙に利用したいんじゃないか?


とある韓国人

今後、国の大きいビジネスからは、ロッテを絶対に参加禁止にすべきだと思います。

韓国で稼いだ利益は、毎年全て日本へと送付する日本企業です。

ロッテ関連企業の製品は不買すべきです。


とある韓国人

文信者の親日フレームにはあきれる。

常識的に考えて、火星へ無人探査機を往復させる技術力の国が、人工衛星やロケット一つを自ら作って発射できない国に対して、どんな牽制をしようとするのか・・・。


とある韓国人

韓国宇宙産業を台無しにしたのは、侵入してきた日系企業ロッテのスパイか?

注目記事