【悲報】韓国さん、特大ブーメラン直撃→韓国人「ニホンガー!!!ニホンモー!!!」=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「4年の訴訟で引き出した15文字…韓国政府の『ベトナム戦争虐殺記録』保有を確認」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


4年の訴訟で引き出した15文字…韓国政府の「ベトナム戦争虐殺記録」保有を確認

「チェ・ヨンオン釜山(プサン)、イ・サンウ江原、イ・ギドン・ソウル」

15文字。ベトナム戦争当時に行われた韓国軍によるベトナム民間人虐殺事件について、国家情報院が持つ情報を公開するよう命じた最高裁判所の判断により、国家情報院が5日に公開した内容だ。国情院が公開した内容は、ベトナム戦争に参戦した韓国軍青龍部隊の各小隊長3人の名と、中央情報部(国情院の前身)による調査当時に彼らが住んでいた地域名程度だ。リストにあった3人の生年月日などは非公開となった。

民主社会のための弁護士会(民弁)の「ベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺真相究明のためのタスクフォース(TF)」所属のイム・ジェソン弁護士とキム・ナムジュ弁護士は9日、ソウル地方弁護士会で記者会見を開き、「今回の情報公開請求で初めて、韓国政府が保有するベトナム戦争での民間人虐殺の情報が確認された」とし、「国情院が自ら先んじてフォンニィ・フォンニャット村での虐殺について当時の将兵を対象として調査した記録の一切を公開することを要求する」と述べた。

オンラインでこの日の記者会見に参加した民間人虐殺の被害者グエン・ティ・タンさんは「私が望むのは大きなことではない」とし「(韓国政府が)あの日、私たちの村で起きたことを認めることと、参戦軍人たちのただ一言の謝罪。今この瞬間もつらい心情を隠すことはできない」と語った。さらに「国情院には、最高裁の判決に従って誠意をもって関連情報を公開することを望む」と強調した。

この日公開された文書リストは15文字に過ぎないが、イム弁護士らが2017年8月に情報公開請求を行ってから約3年8カ月を経てようやく得た「半分の勝利」だ。イム弁護士が情報公開を要求した内容は、1968年2月に韓国軍によって引き起こされたベトナムの「フォンニィ・フォンニャット事件」についての中央情報部による調査の内容が記録された文書のリストだ。

これに関し、国情院側はこの日「最高裁の判決は、文書の内容ではなくリストを公開せよというもので、この判決に従って可能なものはすべて公開した」とし「今後訴訟などを通じて別の判決が下されれば、国情院はそれも受け入れる」と述べた。

「フォンニィ・フォンニャット事件」は、1968年2月に韓国軍の青龍部隊がベトナム中部クアンナム省のフォンニィ・フォンニャット村の住民74人を殺害した事件。事件発生後、フォンニィ・フォンニャット村の住民たちが1969年2月に韓国軍の責任を追及してベトナム共和国の下院議長に送った嘆願書には「韓国軍が急に村を襲い、目に入った者は誰でも捕らえてナイフで刺殺したり、非常に残忍に家族や知人の手足を切断したりするという行為を犯した」と記されている。

中央情報部は同年11月に青龍部隊第1中隊の3人の小隊長ら中隊幹部を調査し、尋問調書や報告書などを残していたことが分かっている。3人の小隊長は「ハンギョレ21」とのインタビューで、「中央情報部の要員が『大統領が事実を調べるために(調査せよと)指示した』と言った」とし、「第1小隊と第2小隊が後退させた人を合わせれば70~80人程度になるだろう。中隊に報告して前進したら、後ろから銃声がした」と初の証言を行った。しかし情報公開請求前まで、国情院はベトナム戦争での民間人虐殺についての調査や資料保有の有無などについて、公式には明らかにしていなかった。

情報公開拒否処分無効確認訴訟の一審と二審は「大韓民国政府が当該事件に関して関連者を調査したかどうかなどは、歴史的事実を確認する史料として意味があり、大韓民国政府を相手取って公式の謝罪や責任の履行を求めるなどの憲法上の表現の自由を行使することに寄与するものとみられる」との判決を下した。しかし国情院は「当該資料が公開されれば、国の重大な利益を著しく害する恐れがある」とし、「調査当事者のプライバシーが侵害される可能性がある」などの理由で公開を拒否してきた。これに対し、最高裁判所3部(主審:イ・ドンウォン最高裁判事)は先月11日、国情院の上告を審理不続行により棄却した。審理不続行とは、原審判断には問題がないと判断し、本案審理を行わずに上告を棄却する制度。

一方、「フォンニィ・フォンニャット事件」の被害者グエン・ティ・タンさんが昨年4月に大韓民国を相手取って起こした損害賠償請求訴訟の第2回口頭弁論は、今月12日に開かれる。

ttps://00m.in/kSRwM,ttps://00m.in/Yt9wy,ttps://00m.in/udFQW

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

補償して謝れ、日本のように無視することなく。

とある韓国人

昼間は民間人でも、夜にはベトコンに変わったと言われている。

とある韓国人

実際、虐殺は韓国軍によるものではなく、対立していた南北ベトナム軍がやっていたことだ。

これを韓国軍がやったことだと、積極的に歪曲・捏造したのは日本メディアであり、本来、ベトナムはむしろ韓国が謝罪、賠償、調査を支援しようにも、それを拒否するほど事件の実体が無かったことにしようとしている。


とある韓国人

認めることは認めて、反省することは反省しましょう。

とある韓国人

心から謝罪してふさわしい賠償をしよう。

絶対に日本のように言い訳をしたり、隠蔽することはやめよう。


とある韓国人

時間の無駄だと思う。

ベトナムの現政権が真実を明かすことに消極的だからだ。

なぜなら、北ベトナム軍がやっていたこともかなり酷いことが多くて、共産党政権の正統性が崩壊してしまうから(笑)


とある韓国人

いかなる理由があろうとも、国家レベルで無条件に謝罪し、補償しなければならない。

私たちは絶対に隣の国のようになってはいけない。


とある韓国人

自分のせいだと認めず賠償しなければ、日本の奴らと何が違うのでしょうか。

過去の過ちは一生をかけて償って、彼らと共生することが可能になる賠償が伴われなければならない。

罪を犯すのはやめましょう。


とある韓国人

間違ったら謝罪をして、許しを請わなければならない。

そうでなければ、日本を非難する資格などあるのだろうか。


とある韓国人

日本は国家レベルで虐殺と略奪、強姦、売春を強要させていた。

韓国軍はいつ殺されるかもわからないゲリラ戦において、正気を失った一部の兵士がやってしまったことだ。

これを比較することはできないが、それでも確かに被害者がいるのだから謝罪と賠償は行うべきだ。

日本人と同じになってはいけない。


とある韓国人

私たちが日本を非難する資格があるのか。

韓国政府がベトナムの被害者の謝罪要求に対応する姿は、日本と驚くほどそっくりでゾッとする。


とある韓国人

理由の如何を問わず、結論として民間人であれば謝罪と賠償をするが、実際は民間人の身分や身なりをした軍人だった。

とある韓国人

ゲリラ戦で、民間人を装った服装をして銃を乱射されて、韓国軍の兵士がたくさん死にました。

その過程から、民間人を見つけ出そうとして、70人の村人を殺してしまった。

仲間の死を目の前にして平常心でいられるだろうか。

軍人と民間人が区分されていれば、こんなことは起きなかったでしょう。


とある韓国人

>>軍人と民間人が区分されていれば、こんなことは起きなかったでしょう。

日本も同じでしたよ。

独立闘士たちが常に民間人に紛れているため、読むを得ず朝鮮の民間人を虐殺したのでしょう。


とある韓国人

一言でいえば、意図的な虐殺ではなかった。

そのことを考慮する必要がある。

注目記事