【悲報】韓国の自称独立運動家さん、嘘がバレてしまう=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「光復会長父親の『独立運動功績記録』に虚偽疑惑」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

光復会長父親の「独立運動功績記録」に虚偽疑惑

朝鮮独立運動に関わった運動家とその子孫・遺族による団体「光復会」の金元雄(キム・ウォンウン)会長の父親、金根洙(キム・グンス)氏の独立運動功績記録が虚偽である可能性が指摘された。国家報勲処の記録では、金根洙氏が1963年に大統領表彰、77年に建国褒章、90年に建国勲章愛国章を受章し、92年1月に死去したことになっている。しかし、政府が63年に「光復軍出身」の金根洙氏に大統領表彰を行った当時の功績調書には同氏が既に死亡と記録されていることが分かった。金元雄会長本人もさまざまなインタビューで63年から90年までの間に父親が表彰を受けたと主張してきた。

本紙が23日、趙修真(チョ・スジン)議員事務所から入手した報勲処の「1963年大統領表彰者・金根洙功績調書」(管理番号8245)には、「生存作故」欄に「作故」と記されている。ところが、報勲処の報勲展示史料館の功勲録によれば、90年に建国勲章愛国章を受章した金根洙氏の死亡日は92年1月30日だ。63年の功績調書と90年の功勲録の管理番号はいずれも8245号で、報勲処は同一人物として管理している。報勲処によると、63年に大統領表彰を受けた金根洙氏は77年の再審査で建国褒章に昇級。90年には建国勲章愛国章に昇級した。問題は功勲録の内容通りならば、63年以前に死亡した人物が92年にも死亡していることだ。

功勲録によれば、「63年の金根洙氏」と「90年の金根洙氏」は同一人物とは見なしにくい。2人の金根洙氏は活動した時期だけでなく、地域も異なる。63年の功績調書によると、金根洙氏の経歴「1939年2月 朝鮮義勇隊入隊」「1940年9月 韓国光復軍総司令部総務処勤務」「1942年10月 山西河北地区敵後方地下工作」と記載されている。ところが、90年の金年洙氏の功勲録には「1939年8月-41年3月 朝鮮義勇隊で活動」「1941年3月 光復軍編入」「1945年8月まで重慶・河南省および満州地方で特派工作員」と書かれている。

大韓民国臨時政府の文書によると、出身地も異なる。金元雄会長は「父親が『キム・ソク』『ワン・ソク』という仮名で活動し、母親は『チョンヒ』、自分は『ワン・ウォンウン』と呼ばれた」と主張してきた。1945年12月に重慶臨時政府が作成した「韓国臨時政府職員其眷属僑民名冊」には「王碩(ワン・ソク)家属」という付記と共に「チョンヒ」「ワン・ウォンウン」という名前が記録されている。

しかし、この文書に出身地が「平北」(平安北道)と記録されているのに対し、1990年の功勲録には金元雄会長の父親の故郷が「慶尚南道晋陽(晋州)」と書かれている。金会長によると、父親の金根洙氏と母親のチョン・ウォルソン氏はそれぞれ慶尚南道晋州、慶尚北道尚州から中国に渡り、独立運動を行った。平安北道とは何のゆかりもない。報勲処が同一人物として管理してきた63年と90年の金根洙氏は出身地、活動時期、活動地域だけでなく、死亡時期まで異なることになる。

光復軍第2支隊出身の独立運動家の子孫で構成する長安会のイ・ヒョンジン会長(光復軍第2支隊工作組長・李在賢=イ・ジェヒョン=氏の長男)は、1963年8月14日付朝鮮日報2面の「光復軍出身大統領表彰対象者342人名簿」にも「金根洙」という人物の前に「故」という表示があるとし、金元雄氏が父親だと主張する金根洙氏は別人だと主張した。

こうした矛盾の原因が報勲処の単純ミスである可能性もある。しかし、単純ミスと考えるには2人の金根洙氏の具体的な足取りがあまりに異なる。報勲処は「1963年に当時の国史編纂委員会から移管された功績調書は1枚だけであり、功績調書になぜ『作故』と表記されたのか経緯を把握するのは困難だ」とした上で、「その金根洙と以降に登場する金根洙が同一人物かどうか引き続き調査する予定だ」と述べた。

趙修真国会議員(国民の力)は「歴史を正すという意味で引き続きこの案件を調査していく」と述べた。本紙は金元雄会長に電話と携帯メールで1963年に大統領表彰を受けた金根洙氏と同会長の父親が同一人物かを照会したが、回答がなかった。

ttps://00m.in/Qn15p,ttps://00m.in/ExaXi

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

逆賊が光復会の会長の座にすわっている。

韓国はいまだに光復していないということだ。

※光復=日本から独立し主権を取り戻す意味として使われている


とある韓国人

これが事実だったとしたら、希代の詐欺師。

とある韓国人

キム・ウォンウンが独立運動家の子孫なのか、本当に疑わしい。

こいつの行動を見ていると、愛国精神や親から受け継がれるはずの品性も感じない。

むしろ、時代に迎合する親日派の匂いがするぐらいだ。


とある韓国人

母親だけじゃなくて、父親も二人いるのか?

こんな疑惑だらけのゴミ政治屋がなぜ光復会の会長になってしまったのか・・・。


とある韓国人

これが事実ならキム・ウォンウンは希代の詐欺師だ。

これまで受け取った全てのものを返還して、財産も没収しなければならない。

金日成もそうだったが、本物の金日成将軍が仮名を使っていることを知り、自分こそが金日成だと主張して北朝鮮政権を握った。

その後、数々の疑惑が向けられたため、多くの人間を粛清した。

キム・ウォンウンのようなものは人間ではなく、ただの化け物だ。

必ず処断しなければならない。


とある韓国人

何から何まで偽物の国。

本物の独立運動有効者が果たしてどれぐらいいるのだろうか?

辻褄の合わない人間も多く、当時、現地へ行ったことすらないのに、有効者となっている人間までいる。


とある韓国人

キム・ウォンウンには、歴史を歪曲し、冒涜した罪を必ず問わなければならない。

とある韓国人

光復会だけじゃなく、虚偽の功績を申告をして、独立運動家の振りをしている人間がたくさんいるのは確実だ。

あちこちで有功者を語って国民から税金をむしり取っている。


とある韓国人

詐欺師野郎だな・・・日本軍よりも遥かに卑劣な人間。

とある韓国人

こいつを北朝鮮に送れば、自分の父親は金日成だったと主張し始めるだろうな。

やはり主体思想派は狡猾だ。


とある韓国人

他人の功績を持ってきて、キム・ウォンウンが捏造した可能性が大きいですね。

徹底的に調査して、正確な真実を明らかにしてください。

これまで彼がオーバーに活動していたのも、何かを隠蔽するためだった可能性が高いです。


とある韓国人

疑惑が事実であれば、キム・ウォンウンは本物の父親を捨てて、他人を父親だとし、母親も捨てて、他人を母親だとしたことになる。

人間がすることではない。


とある韓国人

これが今の国の姿だ。

ただの詐欺師が独立軍を語って私利私欲を満たし、国のために献身した本物の独立軍烈士を侮辱している。

当時、朝鮮半島の独立のために戦った烈士が現在の韓国の姿を見て何を思うだろうか?

こんな詐欺師のために戦ったわけではないと嘆いているだろう。


とある韓国人

国を救うために命を捧げて戦ってきた独立闘士の名前を利用し、虚偽事実によってその場に座っているのであれば、光化門広場で公開処刑するのが妥当だろう。

とある韓国人

虚偽、捏造、歪曲・・・本当に汚い国になってしまったな。