韓国人「日本と韓国、19世紀時点でレベルが違っていた模様…(ブルブル」=韓国の反応

韓国のコミュニティサイトであるMLBPARKより「日本は19世紀に様々な科学用語を全て翻訳していたのですね」というスレの韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

日本は19世紀に様々な科学用語を全て翻訳していたのですね

スレ主:宇田川榕菴(うたがわようあん)という人物が酸素、水素、ケイ素などの化学用語をすべて翻訳したのです。

科学だけでなく、明が清に変わる際に磁器が輸出ができなくなった時、日本がヨーロッパへ陶磁器をたくさん輸出して大金を稼いでいました。

朝鮮陶工たちの技術に、日本のデザイナーの技術が結合されて、すごく華やかな作品を作っていたのです。

これを見ると、朝鮮は性理学にハマってしまい、科学技術、商業を疎かにしていたようです。

壬辰倭乱の時、朝鮮が滅亡して、実学を重視する国が誕生しているべきでした。

ttps://00m.in/C7CR5

韓国人の反応

韓国のコミュニティサイト「MLBPARK」の反応です。

とある韓国人

グクポンとかじゃなくて、、本当に韓国の陶磁器の技術は最高レベルで、当時の西洋が夢中になるほど最先端の輸出品目あった。

それを上手くやるだけで凄く豊かになれたのに、性理学が邪魔したせいで・・・。


とある韓国人

それでも基礎的な文化がちゃんとしているので韓流ブームが起こったんじゃないですか?

数百年前から根付いた文化インフラがなければ、短期間でこここまで早く文化強国まで成長するのは不可能だったでしょう。

保証しますが、文化では日本を追い越すことも十分可能です。


とある韓国人

>>それでも基礎的な文化がちゃんとしているので韓流ブームが起こったんじゃないですか?

文化インフラと韓流は何も関係が無いのですが(笑)

現在の韓流と基礎文化が関係していると主張する人間を見ることになるとは、長生きもしてみるものですね。

今年見たコメントの中で最もありえないです。


とある韓国人

>>文化インフラと韓流は何も関係が無いのですが(笑)

承政院日記、朝鮮王朝実録、独自の言語で1500年代の朝鮮が東アジアを超えて、文化で最上位圏の国家であることはほとんどの歴史学者が認めている事実だよ。

それをあなたは認めないのですか?


とある韓国人

陶磁器は中国の方が優れてませんでしたか?

朝鮮は染料を手に入れられないから、白磁器ばかりを作っていた・・・。


とある韓国人

>>陶磁器は中国の方が優れてませんでしたか?

陶磁器を正確に焼くためには、超高温の火を扱うことができる技術力と土が重要でした。

韓国はその二つにおいて、日本や中国もうらやむほどの状態だったんですよ。

デザインは西洋との輸出入の際にお客様のニーズに合わせるもので、日本もそうやって顧客の注文に合わせて改良・発展させていました。


とある韓国人

>>>>陶磁器は中国の方が優れてませんでしたか?

誰がそんな奇妙なことを言ってるんだ?

陶磁器、青磁、白磁の技術では、韓国は世界でトップだった。


とある韓国人

中国の広い領土をもってしても、韓国ほどの上質な材料の土を見つけることは簡単なことではなかった。

とある韓国人

本当にニューライトたちのせいで・・・朝鮮卑下があまりにもひどくなった。

嘆かわしいことだ。

※ニューライト=2000年代に登場した保守的右派


とある韓国人

皆優れた技術を一つぐらいは持っているけど、最終的にその技術を持っていても上手く使って生活することが出来ず、国民が貧困に陥ったことと、国を奪われたのは事実じゃないですか。

ニューライト云々言ってるけど、朝鮮後期が本当にダメな国だったのは事実ですよ。


とある韓国人

>>ニューライト云々言ってるけど、朝鮮後期が本当にダメな国だったのは事実ですよ。

あなたの言葉通り、上手くいったこととダメだったことに言及するのは問題じゃない。

しかし、ニューライトの基本は、何かにつけて無差別的に朝鮮卑下。

そして、日本の植民地改造論で韓国は変わった、というものだ。


とある韓国人

韓国で使っている数学科学用語は、日本の用語を再翻訳した用語が多い。

そのため、本来の意味とは微妙に違う。

日本の翻訳を通さないでそのまま勉強していたら、より簡単で迅速な場合も多い。


とある韓国人

更に言えば、科学、数学、社会、このような言葉自体が日本のもの。

とある韓国人

以前に歴史ジャーナルに登場した歴史学者が、三国の西洋文物に対する姿勢について述べていた。

日本は、自分でオランダ語を学んで現地で書籍を日本語に翻訳した。

清は海外の宣教師に清の言葉を教えて翻訳させた。

朝鮮は日本と清が翻訳した書籍を、もう一度朝鮮語へと翻訳していた・・・。