韓国人「日本の野球場のビールの売り子が凄過ぎる…(ブルブル」=韓国の反応

韓国のコミュニティサイトであるMLBPARKより「日本の野球場のビールガール」というスレの韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

日本の野球場のビールガール

スレ主:日本の野球場に行ったら、最も異色の文化として、直接ビールを売り歩くことが挙げられる。

日本のビールブランドのものが売られている(キリン、アサヒ、サントリー、サッポロ)

価格は生ビール500ccのカップで東京ドームは8,000ウォン。

地方球場は6,000~7,000ウォン。

企業とビール売りで50:50の分け前になる。

1杯売れれば、アルバイトの賃金として3,000~4,000ウォンが手に入る。

球場にはこのようなビール売りが160人ほど投入されていて、ビール樽の重さは18kg。

球場でのビール売りによるビールの総売上高は1億4,000万ウォン。

お客様にビールを注ぐ際には、必ず膝をついて、客の目の高さに合わせた状態で対応するのがルール(外国人は最初はびっくりする)。

綺麗なビール売りには常連も多く、インターネットでは野球ファン同士で、綺麗なビール売りの情報を交換したりしていて、ファンサイトまである。

常連たちは自分達が押しているビール売りが通過する時だけビールを購入する。

通常、3時間のアルバイトの賃金で30万ウォンほど稼いで、たくさん売り歩くビール売りは1試合で400杯以上を売る女の子もいる。

3,000ウォンが400杯で120万ウォンかな?

どれだけ稼げるかどうかは、女の子の営業能力だったり、応対、外見に基づいていて、販売量は雲泥の差がある。

可愛いビールガールはたくさんの男性から声をかけられるし、声をかけられればダッシュで駆けつける。

可愛いビールガールが通り過ぎれば、幽霊に憑かれたように財布を開きたくなるという言葉もある。

一般的には野球好きな女子高生や女子大生が多く、高収入のアルバイトとして知られている。

ちなみに、お酒を飲まない人のためにコーラも販売されている。

ttps://00m.in/bgpLD

韓国人の反応

韓国のコミュニティサイト「MLBPARK」の反応です。

とある韓国人

一日の給料・・・(ブルブル

とある韓国人

韓国だったら性を商品化していると言って、職業批難されそうだ。