【悲報】韓国さん、ボイコットせず五輪に参加し悲惨な結果に…=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「韓国は総合16位、1976年大会以来の低迷」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

韓国は総合16位、1976年大会以来の低迷


ここ「半世紀」では最悪の成績だった。

韓国は東京オリンピックで金メダル6個、銀メダル4個、銅メダル10個を獲得し、金メダル数を基準にした順位で16位となった。成績が16位よりも良くなかった大会はなんと45年前にさかのぼる。1948年のロンドン大会からオリンピックに参加している韓国は長い間20-30位だったが、1976年のモントリオール大会で金1、銀1、銅4で19位に入った。その後は2000年のシドニー大会12位を除けばいずれも10位以内に入り続けた。金メダルを基準にすれば金6、銀6、銅7を獲得した1984年のロサンゼルス大会以来最も低迷した結果に終わった。

伝統的に得意としてきた種目が期待に応えられなかった。種目別では金メダル1-2個をねらっていたテコンドーと射撃がメダル無しで終わったことが最も大きく響いた。とりわけ宗主国としてのプライドをかけたテコンドーは2000年のシドニー大会から正式種目となっているが、それ以来21年間ではじめて金メダルが1個も取れずに終わった。テコンドーの底辺が世界に拡大している点を確認できたことは良かったが、それだけメダルを期待することが難しくなったということだ。「今後の対策が必要」といった指摘も相次いでいる。

柔道とレスリングの不振も目立った。この2種目は2016年のリオデジャネイロ大会に続き2大会連続で金メダルが全くなかった。とりわけレスリングは銀メダルと銅メダルも全く取れなかった。レスリングでメダル0(ゼロ)に終わったのは1972年のミュンヘン大会以来のことだ。レスリング代表チームが集団でコロナに感染した影響で練習時間が短くなり、またロンドン大会で金メダルを獲得したキム・ヒョンウ選手が最初から出場できないという不運も重なった。

野球や女子ゴルフなど金メダルが期待された球技種目はいずれも連覇に失敗し、表彰式にも参加できないまま大会を去ることになった。

大韓体育会の李起興(イ・ギフン)会長は「コロナ渦など様々な悪条件の中で選手たちはがんばったが、金メダル7個で総合10位という目標を果たせなかったことは残念だ」とコメントした。テコンドーや柔道など以前から得意とする種目が不振だったことについては「現実にあまりにも安住した。『今回も勝てるだろう』という甘い考えは確かにあった。大会後、関係者たちと深く話し合い、根本的なところから改善を進めて行きたい」との考えを示した。

ttps://00m.in/huA1E,ttps://00m.in/41cu9,ttps://00m.in/PCHTY,ttps://00m.in/gXdFb

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

とある韓国人

まさかの16位・・・。

20年以上オリンピックを見てきたけど、韓国はいくら何でもトップ10の中には常に居続けた。

キューバやハンガリーのような国と並ぶなんて・・・。

韓国は経済規模に合わせた成績すら出せなくなったのか(ブルブル


とある韓国人

反日感情を隣の国にぶつけて誹謗中傷を浴びせまくっていた結果、韓国は40年ぶりに最悪の成績。