韓国のコミュニティサイトであるドクより「日本の大衆文化が韓国で本当に主流であった時代」というスレの韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

日本の大衆文化が韓国で本当に主流であった時代


慶熙大の教授はこのように批判した。
「私達の日本文化に対する態度はダブスタ的偽善だ。それがどれほど腐敗していても全く反省しようとしない。それは”不足”しているのではなく、”不在”なのだ。」

「日本、韓国放送の盗作実態を注視」
日本放送界の動きが明らかになり、対策するよう警告。
イ・ヨン教授は「日本は韓国の盗作対策を準備している」と明らかにして、韓国の放送業界に警鐘を鳴らしている。
日本の番組を韓国放送が模倣することについて古くから是非が問われてきたが、日本はこれまでは対応を取っていなかった。

映画界の盗作議論が、遂に法廷で是非を決める事態をもたらしている。

また、盗作騒動。

スレ主:80年代~90年代半ばのことです。

ドラマ・映画・テレビ番組・小説を問わず、狂ったように日本から盗作していて、関連議論もおびただしい・・・。

しかし、インターネットの普及+大衆文化開放以来、このような非常識な盗作が不可能になって、日本の大衆文化の衰退に伴い、自然に主流ではなくなっていった。

ttps://00m.in/1BUS9

韓国人の反応

韓国のコミュニティサイト「ドク」の反応です。

とある韓国人

主流であればどうやって盗作すればいいのですか。

誰にも知られていなかった文化だからこそ、堂々と盗作することが出来たんですよ。


とある韓国人

日本文化が主流だった時代など一度もありませんでした。

その生き証人がここにいます。