【悲報】韓国軍さん、北朝鮮のミサイルに全く気付かなかった模様=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「北が撃ったミサイルが1500キロ飛んでいる間、韓国軍は気付かなかった」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


北が撃ったミサイルが1500キロ飛んでいる間、韓国軍は気付かなかった


北朝鮮は13日、最大射程1500キロの長距離巡航ミサイルの試射に成功したと発表した。低高度を飛行する巡航ミサイルは、従来の韓米ミサイル防衛システムでは探知・迎撃が難しい。現在の防衛網は高高度に打ち上げられて落下してくる弾道ミサイルの迎撃に重点を置いているからだ。さらに北朝鮮が、韓国はもちろん在日米軍基地のTHAAD(高高度防衛ミサイル)レーダーを破壊できる長距離巡航ミサイルを2日にわたり少なくとも2度発射したにもかかわらず、韓国軍当局は関連の兆候をきちんと探知できなかったことが判明した。鄭義溶(チョン・ウィヨン)国防相は「北朝鮮のミサイル活動再開は北との対話が至急であることを示している」と語った。

記事全文を読む
北朝鮮の朝鮮中央通信は「11日と12日、新たに開発した新型長距離巡航ミサイルの試験発射を成功裏に進めた」とし「発射された長距離巡航ミサイルはわが国家の領土と領海の上空に設定された楕円および8の字形の飛行軌道に沿って7580秒(126分)飛行し、1500キロ先の標的に命中した」と報じた。今年3月25日に弾道ミサイルの試射を行って以来、6カ月ぶりの挑発だ。

韓国軍の合同参謀本部は13日、「韓米情報当局間の緊密な協調の下、精密分析を行っている」とコメントした。しかし2時間以上も飛行したこのミサイルについて、韓国軍は発射の兆候を事前に探知できず、発射後も捕捉できなかった可能性が浮上している。韓国政府の関係者は「巡航ミサイルの飛行高度が極めて低いため、発射後に捕捉されても消失するケースがしばしばある」と語った。韓米情報当局のレーダーは韓半島の地上から発射された、高度500メートル以上まで上昇する発射体を捕捉できるが、それより低い高度で飛行する巡航ミサイルは見逃してしまうこともあり得るのだ。

実際、韓国軍はこれまで、北朝鮮が何度か短距離巡航ミサイルを発射した際、直ちに公開しなかった前例がある。北朝鮮は米国バイデン大統領の就任式翌日に当たる1月22日、西海に向けて巡航ミサイルを撃った。3月にも短距離巡航ミサイルを発射した。この事実はメディアの報道などを通して後から分かった。韓国軍当局は「巡航ミサイルの発射は公開事案ではない」とコメントしたが、低高度の巡航ミサイル探知能力に限界があるのではないか、という指摘も出ている。

韓国軍内外からは、韓国軍と情報当局が今回の長距離巡航ミサイル発射の動向をある程度把握していたのに、北朝鮮の発表時まで伏せていたのではないか、という声も上がった。今回の巡航ミサイルは地上の移動式発射車両(TEL)から少なくとも2度発射され、それぞれ2時間以上飛行したので、韓米連合アセット(軍事資産)で完璧にではなくともおおよその発射の状況は把握できたというのだ。韓国軍の消息筋も「発射前後に北朝鮮である種の動きを探知したが、アセットの種類や諸元などを正確に把握するのに時間がかかっている」と語った。

結局のところ、現政権最後の北朝鮮との対話の可能性を開いておきつつ、韓半島の安全保障情勢を管理しようという意図からミサイル関連の事実を先んじて公開しなかったのではないか、という指摘が出ている。巡航ミサイルは弾道ミサイルと違って国連安全保障理事会の制裁決議違反ではない、という点を考慮したという見方もある。しかし、韓国軍がミサイル発射の兆候を探知しても隠していたのが事実であれば、論争になりかねない。

今回北朝鮮は、先の1月、3月の巡航ミサイル発射時とは異なり、関連事実をまず公開した。14日に東京で開かれる韓米日の北朝鮮核問題首席代表協議、15日の王毅・中国外相訪韓で開催される韓中外相会談を意識した、誇示のための動きだという分析も登場した。韓国政府の関係者は「会談前に北朝鮮が自らの存在感をあらわにするため、挑発の時期を選んだものと分析している」とし「金正恩委員長が試射の現場を視察しなかったことも、挑発のレベルを細かく調節する戦略の一環」と語った。

米国は、北朝鮮のミサイル発射について「隣接諸国や国際社会に対する脅威」だとした。3月に北朝鮮が短距離巡航ミサイルを発射した際、「正常な範囲の活動」としていたのとは異なる反応だ。日本も「日本を含む地域の平和と安定を脅かすもの」だとし「米国・韓国と緊密に連携したい」とコメントした。

ttps://00m.in/cFZoo

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

何のために軍隊が存在しているのか。

有事の際にも「気付かなかった」で済ませるつもりなのか?


これがムン・ジェインが大統領を務める国と国防と国家情報院の現実です。

これがムン・ジェインが国防と政治の責任を担っている国の現実なんですよ。

本当に素晴らしいですよね。