【悲報】韓国さん、産地を偽装してまで日本の水産物を輸入して食べたかった模様=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるDaumより「日本の水産物原産地違反、福島以降最多…60%は韓国産を偽る」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


日本の水産物原産地違反、福島以降最多…60%は韓国産を偽る


韓国内で、日本産水産物を輸入して原産地を偽ったりきちんと表示せずに売ったりして摘発された事例が今年1~8月に139件に達した。2011年福島原発事故以来、最も多い。

16日、国会農林畜産食品海洋水産委員会所属の魚基亀(オ・ギグ)議員室(共に民主党)が海洋水産部国立水産物品質管理院から提出させた資料によると、今年日本産水産物を輸入して原産地を表示しないかきちんと表示していなかったため摘発された事例は94件で合計9億ウォン(約8410万円)規模だった。原産地を偽って(虚偽)表示した場合は45件で、61億ウォン分になる。

記事全文を読む
過去、福島原発事故以降、日本産水産物の原産地表示義務違反事例は2019年が137件で最も多かった。今年は8月までですでにこの水準を超えている。摘発件数は2016年(110件)を除いて2012~2018年二桁を維持して2019年以降、三桁数に増える傾向だ。

2011年以降、日本産水産物の原産地を偽って表示して摘発された場合は合計370件だった。このうち日本産を「国内産」と偽った場合が全体の60%で最も多かった。日本産が「ロシア産」に化けた場合は13%、「中国産」と表記した場合が10%となった。

虚偽表示が最も多かった品種は活タイ(マダイ・66件)だった。ホタテ(64件)、ホヤ(47件)、冷蔵メンタイ(22件)、活カニ(ズワイガニ・17件)なども摘発事例が多かった。原産地未表示と表示方法違反が多い品種はホタテ、活タイ、ホヤ、冷蔵メンタイ、活ブリの順だった。

魚議員は「日本政府の福島原発汚染水放出決定で日本産水産物に対する国民の懸念が深い」とし「水産物食品の安全性確保のための政府の対策づくりが切実」と強調した。

ttps://ux.nu/6fLnH<,ttps://ux.nu/3MxMt

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「Daum」の反応です。

海産物が好きなのに、2011年以降は本当に消極的になっている。

水産業従事者は、しっかりとお互いを監視しなければならないね。


原産地を欺くことも問題だが、第二の問題として、向こうの水産物がどのようにして国内に入ってきているかも重要なんじゃないか。