【悲報】韓国軍の食事、遂に透明になってしまう=韓国の反応

韓国のポータルサイトであるネイバーより「『おかずは良い人の目にしか見えないのか』 韓国軍でまた粗末給食」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


「おかずは良い人の目にしか見えないのか」 韓国軍でまた粗末給食


韓国陸軍部隊で兵士たちに粗末な給食を出したという暴露がまた出てきた。

16日、フェイスブック「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」に、自身を第9空輸旅団の所属だと紹介したある情報提供者が1枚の写真を投稿した。

彼は「私たちの部隊は7月初めから仁川(インチョン)国際空港検疫支援任務を施行中」としながら「最近、検疫支援人員の中で感染者が発生して隔離を実施している」と明らかにした。

あわせて「食事として伝達する給食が非常に粗末で、もう我慢できないのでお昼に出てきた食事を撮影して投稿する」と付け加えた。

公開された写真には、ご飯とキムチ、エゴマの葉、汁物などが盛り付けられた給食トレイの様子が写されていた。ご飯の量は多いほうだが汁物には具がほとんどなかった。キムチとエゴマの葉は少量で、一番大きなおかずが入るべき空間には何も盛り付けられていなかった。

これを見た人々は怒った。「メインのおかずは良い人の目にしか見えないのか」「最小限のおかずだけでもきちんと出してあげてほしい」などのコメントが寄せられた。

記事全文を読む

軍隊内の粗末給食論争は今回が初めてではない。これに先立ち、「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」には軍隊内の不良給食関連の情報提供が途切れることなく投稿されてきた。

今月5日には、陸軍第5師団に服務中だと明らかにしたある情報提供者がビニール袋の中にご飯と大根キムチ(カクテキ)だけが入っている写真を公開した。

彼は「先月第3師団との合同KCTC戦闘訓練に参加したが、訓練期間に本来出るはずの献立が出てこないで、キムチと白飯だけを配給されて食べた回数だけで5回を超える」とし「一日も早く部隊で兵営献立の改善および勇士に対する処遇が改善されるように願う」と伝えた。

先月16日には陸軍第1機甲旅団で出された給食の写真が投稿された。写真には白飯、汁物、ニラの浅漬けキムチ、少量の豚肉がすべてだった。

これに先立ち、国防部は粗末献立論争の抜本的な問題解決に向けて来年から基本給食費の引き上げを推進すると明らかにした。

今年1人あたり一日8790ウォンだった基本給食費を来年から1万1000ウォンに引き上げるだけでなく、カップ飯など将兵の人気食品の追加備置、肉類・加工食品の増量、大隊級以上部隊指揮官が1カ月間将兵と同席して食事すること、隔離将兵の弁当全数確認などの対策を用意すると説明した。

特に徐旭(ソ・ウク)国防部長官は「最近、隔離将兵の給食支援や生活条件が不十分だった点を非常に残念に考え、重い責任感を感じている。部隊別指揮官が直接献立などを点検し、将兵が不便を感じないように条件を積極的に保障するように」との指示を出した。

ttps://ux.nu/hTDAy,ttps://ux.nu/z9xa7

韓国人の反応

韓国のポータルサイト「ネイバー」の反応です。

多くの血税を支払っているというのに、なぜこのような事態が発生するのでしょうか?

量的にも質的にも、しっかりとした食事を与えることを国防の義務にしてください。

義務化できないようであれば、徴兵制を見直すべきです。


言葉ではなく行動で示して欲しい。

いまだにドッグフード以下の食事が提供されている状況を見ていると、改善する意思が全く感じられない。