【悲報】韓国のスパコン、スクラップにされてしまう=韓国の反応

ポータルサイトネイバーより「1192億ウォン払って購入したスパコンを『スクラップ』として7920万ウォンで売却した気象庁」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事


1192億ウォン払って購入したスパコンを「スクラップ」として7920万ウォンで売却した気象庁

気象庁が購入時に総額1192億ウォン(現在のレートで約111億8000万円、以下同じ)を支払ったスーパーコンピューター1-3号機が7920万ウォン(約742万6000円)で売却されていたことが8日までにわかった。1台数百億ウォン(数十億円)のスーパーコンピューターを購入し、その後交換の時期になると性能の低下がないにもかかわらず、慣例として「スクラップ処理」を行っていたという。巨額の税金が投入される高価な物品のため、「交換の時期が過ぎたスーパーコンピューターをリサイクルする方法を検討すべきだ」との指摘が出ている。

記事全文を読む
国会環境労働委員会に所属する保守系野党・国民の力の権寧世(クォン・ヨンセ)議員はこの日「各部処(省庁)の資料を分析した結果、気象庁は2000年から昨年までスーパーコンピューター1-3号機の購入に総額1192億ウォンを支払ったが、これを7920万ウォンでスクラップとして売却した」と指摘した。具体的にみると、気象庁は2000年に166億ウォン(約15億6000万円)で購入したスーパーコンピューター1号機を06年に120万ウォン(約11万3000円)でスクラップとして売却した。05年に485億ウォン(約45億5000万円)で購入した2号機、03年に541億ウォン(約50億7000万円)を投じた3号機も同じように処分された。

2号機と3号機は2020年7月にスクラップとして処分されたが、回収した金額は合計でわずか7800万ウォン(約730億円)だった。最終的に1-3号機の購入に使った1192億ウォンのうち、スクラップとして売却し回収できた額はわずか7920万ウォンだったということだ。

中でも3号機の場合、売却当時の評価額は100億ウォン(約9億円)を上回っていたこともわかった。しかし気象庁は年間の維持費が高くつくことや、売却先がみつからなかったとの理由で適正価格で処分できなかったという。

問題はこれらの使用期限が過ぎたスーパーコンピューターの性能が今なお優れている点だ。権議員の事務所によると、現時点で6年が過ぎたスーパーコンピューターは今も500位圏内の高いランクを維持している。

2015年に気象庁が購入し、使用年限(5年)が過ぎ処分を待つスーパーコンピューター4号機「ヌリ」は209位、「ミリ」は210位の性能を今も維持している。

ところが気象庁には現時点でこれらスーパーコンピューターの具体的な処分計画がない。そのため権議員の事務所によると、これらも以前と同じく安値で「スクラップ処理」される可能性が高いという。

権議員は「海外の事例を確認すると、調達あるいは購入の段階で廃棄時の条項が決められており、研究機関用としてリサイクルされるか、外交用として低開発国に寄付されている」「血税から巨額を投じて高価なスーパーコンピューターを購入したのだから、使用後の手続きも決めておくべきだ」と指摘した。

ttps://ux.nu/98Lxa,ttps://ux.nu/1xAfG,ttps://ux.nu/tGnP4

ポータルサイト「ネイバー」の反応です。

これが公務員の仕事のやり方なんですよ。

民間企業なら考えられないような大失態です。

マニュアル対応しかできずに、柔軟な対応が出来ない。

たとえスパコンだったとしても、他の機械類と同じようにマニュアルスクラップ対応・・・。


これではっきりしましたね。

この国にはお金がないとよく言いますが、結局はこのような無駄遣いが多いというだけです。