【悲報】韓国軍さん、1兆ウォンで買った無人偵察機…全く飛ばせない

ポータルサイトDaumより「1兆ウォンで導入した米無人偵察機、欠陥で飛行できず…部品調達もめど立たず」という記事の韓国の反応を紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

1兆ウォンで導入した米無人偵察機、欠陥で飛行できず…部品調達もめど立たず


1兆ウォン(約950億円)の予算を投入して米国から導入した高高度無人偵察機(HUAS)グローバルホーク4機が欠陥のためまともに機能していないという指摘があった。

国会国防委員会所属の安圭佰(アン・ギュベク)共に民主党議員が14日、空軍本部、防衛事業庁から受けた資料によると、軍が昨年9月に導入したグローバルホーク3号機は戦力化以降、飛行実績がない。同年4月に導入した4号機は飛行時間が約80時間にすぎない。

グローバルホーク4機を導入した後、現在まで1機あたり平均10件の欠陥が発生している。欠陥部品33点のうち11点は措置が進行中だ。

記事全文を読む
グローバルホーク3号機は地上に映像・イメージを伝送する構成品が故障し、5カ月間にわたり原因が把握されなかったと、安議員は明らかにした。故障した部品の一部は供給が遅れ、いつ調達が可能かも分からない状況だと、安議員は説明した。

このためグローバルホーク機体間で部品の使い回しが行われている。整備が遅れる3、4号機の付属を外して1、2号機に活用している。こうした部品の使い回しは戦力化1、2年間で24件という。

空軍の対応が遅いという批判もある。防衛事業庁によると、運用維持段階の部品調達のためのCLS2(契約者軍需支援)契約を米国が2016年に提案したが、空軍は2020年に協議に入ったと、安議員は明らかにした。

安議員は「グローバルホークの短い戦力化時期を考慮すると、欠陥があまりにも多い」とし「空軍はグローバルホーク管理実態を綿密に点検し、安定した運用維持のための対策を速やかに講じるべき」と述べた。

ttps://ux.nu/FCsjO,ttps://ux.nu/N0W0n

ポータルサイト「Daum」の反応です。

だから兵器は自国で開発する以外の道は無い・・・。

こんな使えないものを超高額で売り付けられた挙句、その後の保守費用まで必要になってくる。

アフターケアも無く、文句を言ったところで開き直られるだけ。

本当に何も良いことが無い。


結局は武器も国産化するしか無いんですよね。

しかし、今の私達ならそれも可能です。

かつては私達を救ってくれた血盟ですが、今では信じられるのは自分達の力だけですね。