【悲報】韓国さん、検査を受けた過ぎる国民が検査所に殺到、大混乱に…

ポータルサイトネイバーより「検査件数は激増しているのに…検査所数は一日新規感染者1000人の時と同じ」という記事の反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

検査件数は激増しているのに…検査所数は一日新規感染者1000人の時と同じ


10日昼12時15分ごろ、ソウル市瑞草区にある心山記念文化センター前の「ドライブスルー」方式による臨時選別検査所。新型コロナウイルス感染の有無を調べようと、97台の車が長い列を作っていた。車の列は検査所前から近くの盤浦総合運動場周辺道路の1車線分を占め、その列が約700メートルも続いていた。3人の子が通う保育園すべてから感染者が出たため、子どもたちを連れてここに来たというイさん(38)は「3歳から5歳までの子どもたちをベビーカーに乗せて一般診療所で待つ自信がなかったので『ドライブスルー検査所』に来たが、今まで2時間以上待っている」と話した。

新型コロナの一日新規感染者が連日7000人を上回っていることから、首都圏はもちろん、全国各地の選別診療所には新型コロナ検査を希望する人々が集まり、ひどく混雑している。1時間待ちは当たり前で、2時間以上待ってやっと検査を受けられるというケースも珍しくない。同日午後2時、ソウル市中区のソウル広場選別診療所も検査待ち人数が約150人に達していた。

ソウル市の新型コロナ検査件数は9日に一日15万1170件と過去最多を記録した。全国の新型コロナ検査件数もこの1週間(12月3日から9日まで)で週末を除いた平日に60万件以上を記録、1カ月前の11月初めと比べても約2倍に増えている。

問題は、検査希望者が急増しているのに、検査所の数は変わらない点にある。保健福祉部の集計によると、同日現在、全国で運営されている検査所は選別診療所630カ所、臨時選別検査所170カ所の計800カ所だ。これは今年1月初めの791カ所とほとんど変わっていない。当時は一日の検査件数が約9万件だった。近くで手軽に検査を受けることができる臨時選別検査所は、ソウル市など首都圏だけで見れば131カ所と、今年8月の136カ所からむしろ減っている。このため、最近ではソウル市内の江南駅など混雑している一部の臨時選別検査所では検査待ちの人々であふれ、検査所終了時刻の1時間半前に申込を締め切ったため、待っていた人々が抗議するという騒動もあった。

インターネットの地図サイト「スマート・ソウル・マップ」で新型コロナ選別診療所の混雑状況を伝える画面を見ると、「混雑(待ち時間90分以上)」を示す赤い表示だらけだ。同日午後2時30分現在、ソウル市内の選別検査所86カ所のうち「混雑」が55カ所(64.0%)、「多い」(待ち時間1時間)が18カ所(20.9%)、「普通」(待ち時間30分以内)が7カ所(8.1%)だった。6カ所(7.0%)は「消毒」や「早期締め切り」などを理由に運営をストップしている状態だった。

選別診療所の運営を担当する自治体では「人材が不足していて、検査所を増やすのも限界がある」と訴えている。だが、政府が感染者の大幅増を既に予想しているのにもかかわらず、このように「検査過程で起こる国民の不便さ軽減はおろそかにしている」との批判がある。梨花女子大学木洞病院呼吸器内科の千恩美(チョン・ウンミ)教授は「濃厚接触者にだけ選別診療所で検査を受けさせ、ほかは自己検査キットを利用させるなど、流動的運営が必要だ」と話した。

ソウル市が同日から道峰区倉洞駅、松坡区蚕室総合運動場、麻浦区ワールドカップ公園、陽川区木洞運動場の4カ所に検査所を追加設置するほか、疾病管理庁では自治体の協力を得て検査所を24カ所さらに設置する計画だと明らかにした。

ttps://ux.nu/Ghkme,ttps://ux.nu/vDQ5U,ttps://ux.nu/wlOtU,ttps://ux.nu/wmQmR

ポータルサイト「ネイバー」の反応です。

距離を置く生活はどこへ行ったのですか?

言動と行動が一致していない典型的な例の一つですね・・・。

自分が感染していないか不安なのはわかりますが、コンビニへ行く感覚で検査を受けないでください。

密集することで感染リスクが高まり、本来早急に検査を必要とする人が検査を受けられなくなります。

濃厚接触者や症状が出ている人が優先的に検査が受けられるように、その他の人は検査を控えてください。