韓国人「大谷さん、改めて見るとマジで凄過ぎる…(ブルブル」

コミュニティサイトRULIWEBより「大谷が二刀流で成功すると真剣に考えた人は誰もいませんでした」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

大谷が二刀流で成功すると真剣に考えた人は誰もいませんでした

スレ主:基本的に投打で使う筋肉は違うし、敢えて使わない筋肉を発達させることは、むしろ柔軟性やバランスに支障をきたす可能性もあり、投打兼業自体が推奨されていなかった。

少なくとも、中学~高校時代までは、フィジカルと才能でどうにかカバーすることは可能だが、才能とフィジカルが最大に収束したプロの現場では、投打兼業という言葉を口にすること自体が無理だった。

それも豪速球ピッチャーでスラッガー?

そんなの中二病漫画にも存在しない。

それでも、投打どちらもそこそこいけますよ、ぐらいならまだ理解するけど、豪速球先発ピッチャーのスラッガー?

巨人の星の時代にもそんなことはありえなかった。

それがどんだけあり得ないことなのかが明らかだったから。

その結果、日本の専門家たちも、NPBでは二刀流をしていたけど、メジャーではどちらか一方に絞るべきだと言っていた。

メジャーでは打者として育てなければならない、いや、投手として育てなければならない、そのように争った。

どちらも育てることが出来ると言う専門家は一人もいなかった

二刀流も可能だと発言する人は、ただの漫画を読みすぎな妄想患者扱い。

そして、エンゼルスに入団した理由は、打者としても投手としても、どちらも出場機会が得られる唯一の場所だったから。

今、中学~高校の野球でコーチをやっている人は、大谷の影響で二刀流をやってみたいという子供も多いので、大変そうだ。

ttps://ux.nu/flOOj,ttps://ux.nu/Eh9l7

コミュニティサイト「RULIWEB」の反応です。

漫画MAJORの主人公である茂野吾郎だって投手をやっている時は投手だけ、打者をしている時は打者に専念しているのに・・・。

もう本当に凄過ぎて、大谷のことを見るたびに、本当に同じ人類なんだろうか?と疑ってしまう・・・。