【悲報】最新の韓国ドラマ、海外で失敗作認定…酷評されてしまう

ポータルサイトネイバーより「『イカゲーム』を絶賛していた外信「『静かなる海』、韓国の最新失敗作」」という記事の反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

『イカゲーム』を絶賛していた外信「『静かなる海』、韓国の最新失敗作」


SFドラマ『静かなる海』について、海外メディアが「失敗作」と断じた。このメディアは、ネットフリックスオリジナルの韓国ドラマ『イカゲーム』『D.P. -脱走兵追跡官-』『地獄が呼んでいる』などについては5点満点のうち4.5点をつけて絶賛していた。

香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は24日(現地時間)「韓国ドラマレビュー:静かなる海」と題する記事で「ペ・ドゥナ、コン・ユが主演するこのドラマは、SFジャンルに挑戦した韓国の最新失敗作」と論じた。

記事全文を読む

同メディアは「2014年の短編映画『静かなる海』を脚色した全8話の初回は、今年最悪のテレビ視聴タイムの一つ」と批判した。さらに「韓国のドラマ作家は現在、エンターテインメント業界の先頭に立っているが、彼らが長い間苦戦してきた分野がSFだった」だとして「『静かなる海』の視聴者も、あからさまな不満とまではいかなくとも失望して離れる可能性が高い」と書いた。

また、韓国ドラマの最大の長所は切なさなどの心情表現だが、SFのジャンルにこれを適用するならバランスが重要だと指摘した。さらに「『静かなる海』は当初、SFジャンルを見せようとしていたのに、感動的な結末を見せることだけに躍起になっている」「さらには月に雪を降らせる方法まで発見した」と書いた。

26日現在、世界のオンライン動画サービスプラットフォームのコンテンツ順位サイト「フリックスパトロール」によると、『静かなる海』は全世界のテレビ番組部門で7位にランクインしている。『イカゲーム』や『地獄が呼んでいる』ほどではないものの、世界中でまずまずの人気を集め、K-ドラマの興行神話が続いていると評価されている。

『静かなる海』は、資源が枯渇した未来を舞台に、問題解決のため月の研究基地に向かった精鋭隊員たちのストーリーだ。ペ・ドゥナ、コン・ユ、キム・ソンヨン、イ・ジュンらの俳優陣が出演し、チョン・ウソンが制作を総括した。

ttps://ux.nu/ZyUnS,ttps://ux.nu/STDPA

ポータルサイト「ネイバー」の反応です。

海外は昔からSF作品を作っていて強いですからね。

目も肥えているので、SFで満足させるのは難しい。

今まで連続で大成功して評価されていたこと自体が凄いことだった。

どれだけ実力があっても、毎回大成功することは難しい。

これまで以上に世界的な注目度も高いため、必然的に求められるレベルも上がってくる。