韓国人「日本が悔しがる我が国の技術力をご覧ください…」

ポータルサイトネイバーより「日本が悔しがる韓国の技術力はここまで凄い」という記事の反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

日本が悔しがる韓国の技術力はここまで凄い


最近、LGディスプレイが次世代有機発光ダイオード(OLED)のテレビパネルを発表してプレミアムテレビ市場の“OLED人気”の流れを加速させている。テレビ市場全体は縮小しているが、OLED基盤のプレミアムテレビ市場は拡大し、OLED市場を先取りするための企業間の競争が激しくなる見通しだ。一時は日本企業各社が悲観的に予測して撤退したOLED市場を、韓国企業各社が粘り強く克服して成果を出しているという見方が出ている。

記事全文を読む

2日、業界によると、LGディスプレイは最近、次世代OLEDテレビパネル『OLED.EX』を発表した。

LGディスプレイは“OLEDの絶え間ない進化”を通じて顧客に「進化した経験(Experience)」を提供するという意味を込めて、次世代パネルのブランドを『OLED.EX』に決めた。『OLED.EX』はOLED画質の核心であり、自ら光を放つ有機発光素子に「重水素技術」と「個人化アルゴリズム」からなる「EXテクノロジー」を適用したパネルだ。画面の明るさ(輝度)を従来のOLED比で30%引き上げ、かつ自然色を以前より精巧に再現したことで注目を集めている。この製品は来年第2四半期からテレビパネルとして供給される予定で、最近OLEDテレビ市場が急成長し、事業成果についても好評価が出されている。

しかし、最初からOLED市場の展望が明るかったわけではない。

2000年代初め、OLEDについて研究していた日本企業は韓国企業を見て嘲笑し、「むしろ富士山を逆立ちして登ると言った方がいい」という発言までしたという。実際に当時のOLEDの技術水準は、日本が一段とリードしていた。ソニーは2007年に世界初のOLEDテレビの発売に成功した。ソニーやパナソニックなどのグローバル企業各社はその後、引き続きOLEDテレビのためのパネル量産に向けて投資を続けてきた。

ところが、結果は失敗だった。OLEDは大型化の工程が複雑な上、不良率が高いため価格競争力の確保が容易ではなく、有機発光物質を薄く均等にパネルに設置するのが大変難しい。

2014年にソニーとパナソニックはOLEDテレビの大型化に伴う費用問題で事業から撤退することを決定した。その代わり、ソニーとパナソニックはLGディスプレイからOLEDパネルの供給を受けることにした。

当時、LGディスプレイは市場拡大に向けて大規模な投資を続けた。製品の販売よりも先に市場を拡大するという戦略を持ってグローバル市場開拓に乗り出し、現在は世界で唯一大型OLEDパネルを生産して20あまりの企業に供給する企業に生まれ変わった。

LGディスプレイは最近の研究を通じて、テレビパネルとしては初めて有機発光素子の主要要素である水素元素をさらに強力で安定した構造の重水素に変えた。重水素を適用した素子は、従来の素子よりも物理的に安定して強くなり、明るさを高めても高効率を維持することが可能で長時間安定して作動するものとされている。重水素は自然に存在するが、6000の水素のうちたった1つという割合でしか存在しないという。重水素が世界的に見ても極少量であり、これによって供給網の確保に困難があったため、商用化のための研究期間だけでも4年ほどかかったという。

LGディスプレイが独自開発したマシンラーニング基盤の「個人化アルゴリズム」もまた有機発光素子を適切に制御する役割を果たす。同製品は消費者が製品をどのように使ってきたかなどに関する過去のデータを基盤に、製品を長期間使用できるよう、素子を統制する機能を備えている。

消費者個人の視聴パターンを学習後、3300万個(8K解像度基準)にも達する有機発光素子の個別使用量を予測してエネルギー投入量を精密に制御し、映像のディテールと色を精巧に表現するようにするという説明だ。

この技術を通じて、日差しが川に反射して輝く粒子や木の葉の一つ一つの木目のような物の小さな姿までもより立体感を持って表現できるようになったとLGディスプレイ側は説明した。

『OLED.EX』はデザインの面で一段階進化したと評価されている。“技術の限界”と思われていたOLEDパネルのベゼルを65インチ基準で従来の6ミリ(mm)台から4ミリ台に30%も減らしたため、より没入感のある画面を提供できるようになったという説明だ。

LGディスプレイの今年のパネル出荷量は約800万台水準だ。来年、生産工場をフル稼働すると年間1000万台の出荷が可能になるものと予想される。LGディスプレイの関係者は「来年第2四半期から『OLED.EX』が全面的に適用されるため、来年は30%が従来の製品、70%がOLED.EX製品になると推定される」とし、「中国・広州が今年30K、来年は10Kが増設され、1000万台出荷が可能になる」と説明した。

ttps://ux.nu/oTY4y

ポータルサイト「ネイバー」の反応です。

いまだにブラウン管を使っている日本と比較すること自体が無意味だと思います。

少なくとも5年以上は使えるものを作らなければならないのでは?

2年ほどで故障してしまい、それに困らせられる人がたくさんいます。