【悲報】ハリス元駐韓大使、韓国の姿勢を痛烈批判…

ポータルサイトネイバーより「ハリス前駐韓米国大使、文大統領の終戦宣言推進を批判」という記事の反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

ハリス前駐韓米国大使、文大統領の終戦宣言推進を批判


ハリー・ハリス前駐韓米国大使が4日、文在寅大統領が注力している朝鮮戦争終戦宣言を批判した。

ハリス前大使はこの日、ワシントンタイムズ財団が主催したオンラインセミナーで、終戦宣言は平和交渉でないとし、停戦宣言は依然として立派なものであり、韓国を守るための宣言内容も依然として立派だと述べた。

特にハリス前大使は、北朝鮮の脅威への対応力を弱めることを見返りに北朝鮮と対話をすることは絶対にあってはならないと主張した。また、対話と軍事的対応は必ず同時に進むべきだと述べた。

さらに、韓国は北京オリンピック(五輪)をボイコットすることも、国連の北朝鮮人権決議案に参加することもできたはずだが、何もしないというのは弱いことだと指摘した。

ttps://ux.nu/x1Gpv,ttps://ux.nu/5sHi3

ポータルサイト「ネイバー」の反応です。

終戦宣言をすれば、公式に韓国軍の力を弱体化することが出来るからでしょうね。

その先に待っているのは赤化統一・・・。

さすがに度が過ぎます。

いまだにミサイルを発射し続けて、核開発をやめる様子もなく、依然として脅威は全く排除されていない状況です。

文氏は国民の生命を危険に晒しているという自覚が全くありません。