ハーバード大教授「慰安婦の証言は虚偽、賠償金要求のために何度も証言が変わっている」

ポータルサイトネイバーより「ハーバード大学教授『慰安婦強制徴用の事実を立証する証拠は何もない』」という記事の反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

ハーバード大学教授「慰安婦強制徴用の事実を立証する証拠は何もない」


旧日本軍の元慰安婦を「売春婦」と定めるなどしてきた米・ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授が「慰安婦強制徴用の事実を立証する証拠は何もない」と主張した。

ラムザイヤー教授は5日(現地時間)、自身の論文「太平洋戦争の性的契約:批評に対する回答」を通じて「1945年に戦争が終わった後、35年以上の間、何の証拠もなかった。一部の韓国人女性は1980年代後半になって自分たちが強制的に徴集されたと主張し始めた」と伝えた。

記事全文を読む

ラムザイヤー教授は論文で「大部分の批評家は多くの韓国人女性が韓国で銃口を向ける日本軍によって強制的に連れて行かれたと主張した。この論文を通じて論議する。その主張は嘘だ。韓国人女性は日本軍の計画されたプログラムによって強制徴集されたのではない」と述べた。

またラムザイヤー教授は、日本の文筆家で活動家の吉田清治氏が1983年に出した「私の戦争犯罪」が、慰安婦強制徴用の事実上唯一の根拠だったと主張した。

その上で「本は騎馬部隊が韓国人女性を銃剣で脅かして性的暴行し、慰安所の性的奴隷として送ったという内容だ。韓国人女性の強制徴用説を提起した96年の国連報告書は相当分が本に依存している」と述べている。

ラムザイヤー教授は「吉田氏は亡くなる前、自身の本が虚構だと明らかにした。慰安婦議論は吉田氏の“詐欺”で始まった。私を批判した専門家の大部分が日本・韓国出身だが、この本について知っていながら、誰もこの本について言及しなかった」とした。

ラムザイヤー教授は2020年12月、慰安婦強制連行と性的奴隷の性格の慰安婦の実態を否定する論文を国際的な学術誌「国際法経済レビュー(IRLE)」に掲載し、大きな波紋を広げた。

この論文についても「論文の核心は慰安婦の女性たちが、なぜ先払いで金を受け取ったのか、契約上どの条件によって女性たちの勤労時間が定められていたのかなど、契約に関するものだ。大部分の批判は、論文の核心だった“契約内容”については、何も言及されなかった」と主張。

また「私が知っている限り、戦争によって現在残っている契約書はない。当時、論文で資料として活用したのは政府の文献、戦争回顧録、新聞広告、慰安所会計帳簿など周辺情報」だったと述べた。

ラムザイヤー教授は、元慰安婦の証言を信じることができないと主張した。相当の期間、沈黙していた人たちが日本に賠償金を要求することにしてから話を変えたのだ。特にイ・ヨンス(李容洙)さんについては「一番悪名高い」と批判した。

ラムザイヤー教授は「イさんが1990年代には『友達についてこっそり家を出て、何も考えずに日本軍について行った』と証言したが、その後、『14歳の時に銃剣で脅されて連れて行かれた』(2002年)、『日本軍によって拉致された』(2007年)というように徹底的に違う証言をした」と述べた。

ttps://ux.nu/r9nHM,ttps://ux.nu/HC2CL

ポータルサイト「ネイバー」の反応です。

当事者である生き証人が発言しているのを無視して、当事者でもない第三者の意見が正しいと?

どちらの主張に信ぴょう性があるのか、冷静に客観的に判断すれば、子供でもわかることですよね?

敢えて現実から目を背けている理由はただ一つ、簡単な話ですが、日本政府から支払われるお金です。

当事者の意見が尊重されないなら、弱者の意見は、常に歴史上から勝者の手によって消されるか、都合よく歪曲されるだけだろう。

これが私達が強くならなければならない理由だ。

最近になって私達の主張が注目されるようになったのも、先進国の序列に加わったから。

そして、最近になって主張をし始めたのではなく、一貫してずっと主張し続けてきたのを、日本の強力なロビーによってかき消されていただけ。