ハーバード大教授「慰安婦の証言は虚偽、賠償金要求のために何度も証言が変わっている」


入金が確認されたので、契約が1年延長されたんですね。

ご苦労様ですw


数えきれないほどの証拠がたくさん残っているというのに、自分にとって都合の悪い事実は絶対に見えない目になっているようだ。

そして、この人の口座を確認すれば、日本からお金を受け取っている証拠が、慰安婦の証拠と同じぐらい出てくるだろう。

しかし、ユン・ミヒャンの例もあるので、ラムザイヤーの発言も一応は真実である可能性は考慮すべきだろう。

何が正しくて何が間違っているのかを整理し、曖昧なものではなく、100%正しい証拠だけを残していくべきだ。

お金にい負けて良心を売ってしまった学者の末路ですね・・・。

いくらお金を貰ったとしても、自分は絶対にこのような人間にはなりたくありません。

似たような論理を持つ人間が我が国にも溢れてきている。

親日清算が出来なかったことがここまで響いている。

私達の真実の歴史が奪われないためにも、国民が一丸となって戦わなければならない。

それでは、自分の家族に同じことが起きたらどうでしょうか?

それでもあなたは同じ主張が出来ますか?

このような人間がいまだにハーバード大学の教授でいられる。

ハーバード大学には本当に失望しました。

被害者のお婆さんの存在こそが証拠です。

整然とした態度で何度も同じことを言います。

被害者のお婆さんの存在こそが証拠です。

こういうのは発作を起こすのではなく、根拠を持ってきて反論すればいいだけですよ。

あなたのようにお金で自分の信念や立場を変える人間はいるだろう。

しかし、歴史的事実だけは、どのようにあがいても変えられない。

これは政府次元で対応すべき案件だというのに、ユン・ミヒャンのような人間がいるせいで、何も期待できないですね

ソ・ギョンドク教授やVANKのような優秀な方々がいてくれて本当に助かりました。

歴史歪曲には決して屈せず、私達も自分達にできる範囲内で、海外に真実を発信していきましょう。

日系米国人が主張している時点で説得力が皆無www

まさか、加害者の主張が認められるとでも?www

そうですか、それではあなたが正しいという証拠を見せてください^^