韓国人「悲報:韓国、ソ連崩壊と同レベルのヤバイ状況を迎えてしまう…」→「でも日本が・・・」

コミュニティサイトtheqooより「人口千万を超える国で出生率が1.0人以下に落ちた国はあるのだろうか?」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

人口千万を超える国で出生率が1.0人以下に落ちた国はあるのだろうか?

スレ主:人口千万を超える国で出産率が1.0人以下に落ちた国はあるのだろうか?

1) ドイツ統一時の東ドイツ
1990年の吸収統一直後の東ドイツは、ドイツ統一で社会が混乱し、自国民に提供されていた各種福祉が消え、合計出生率が1.0人以下まで落ちた。

2) ソ連崩壊
1992年、ロシアはソビエト連邦(ソ連)が崩壊し、社会が混乱を極めるにつれて、合計出生率1.0人以下まで減少した。

3) 韓国の現在 *集団自殺社会(collective suicide society)

出生率0.8

*2017年ソウルを訪問したラガルドIMF総裁が韓国の出生率を報告。

結婚せず、子供も産まないため成長率が落ちて、財政が悪化する悪循環に陥り、これが集団自殺を招いているのではないかと述べた。

人口千万を超える国で出生率が1.0人以下まで落ちるのは、国の体制が崩壊した時に見られる数値だ。

戦争や経済危機などの外的衝撃無しに、このような現象が起こる場合はほとんどない。

OECD加盟国のいずれも1.0人以下まで落ちた国はない。

我が国は歴史に存在しなかった新しい道を歩んでいる。

ttps://ux.nu/UrDxm

コミュニティサイト「theqoo」の反応です。

この状況で崩壊していないという奇跡。

しかし、現実には崩壊していないだけで、衰退しか残されていないだけ・・・。

若者はさっさと国外へ脱出するのが正解。

>>この状況で崩壊していないという奇跡。

出生率で世界ダントツの最下位、自殺率で1位という時点で、既に崩壊していると見るのが妥当ですよww

国の状況が良ければ、絶対にこのような数値にはなりませんww