韓国「悲報:遂に我が国でもオミクロン大拡散開始…」

ポータルサイトネイバーより「オミクロン株発の大拡散開始…きょう9000人前後の可能性」という記事の反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

オミクロン株発の大拡散開始…きょう9000人前後の可能性

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)オミクロン株が優勢株としての位置を確立し、感染者が急増している。24日0時から午後9時までの間に全国で7437人の感染者が発生した。前日同じ時間帯の5675人に比べて1762人多い。同じ時間帯基準では歴代最多となる。25日午前に発表される0時までの感染者数は9000人前後になる展望だ。この場合も歴代最多だ。感染者数の歴代最多は先月15日の7848人だった。

記事全文を読む

オミクロン株が優勢株になったのは韓国上陸から55日目のことだ。文在寅大統領が注文する「迅速な対応体系への転換」にも、韓国政府は今月末ごろになってこそ高危険群中心の対応戦略を全国に拡大する方針だ。現場では新しい体系の安定化までに時間を要する以上、迅速な対応が必要だと指摘する。

全国的な防疫体系の転換に先立ち、当局はまず大規模感染に備えて感染者と密接接触者管理基準を26日から変更する。密接接触者のうち接種完了者は自宅隔離ではなく7日間の受動監視対象になる。受動監視対象者になると日常生活をそのまま続けることができる。ただし室内活動をできるだけ減らし、私的な集まりを制限してほしいという注意事項の案内を受ける。未接種者は7日間の自宅隔離を行う。感染者の隔離期間も変わる。接種完了者は10日から7日に短縮し、未接種者は従来通り10日間の隔離となる。

24日、中央災難(災害)安全対策本部は先週(16~22日)の国内感染者のオミクロン株検出率は50.3%で、オミクロン株が優勢株になったと発表した。

デルタ株が優勢株になるまでには14週間要した反面、オミクロン株は8週で拡散速度が2倍近くになる。オミクロン株検出率は1月第1週12.5%から第2週26.7%に上昇し、第3週には50%を越えた。この速度のまま行けば来週は検出率100%が有力だ。ただしオミクロン株の致命率は0.16%で、デルタ株(0.8%)に比べて5分の1程度低いことが分析で分かったと防疫当局は明らかにした。

文大統領はこの日、「政府が先制的に準備してきたオミクロン株対応体系に迅速に転換せよ」と注文した。金富謙(キム・ブギョム)首相はソル(旧正月)連休特別防疫関連の国民向け談話文を通じて「ソル連休に多くの人々が地域間を活発に移動して互いに会うことになれば、燃え上がる火に油を注ぐのも同然」とし、故郷訪問の自制を要請した。

ttps://ux.nu/2icG0,ttps://ux.nu/fpiV1,ttps://ux.nu/EfzAn

ポータルサイト「ネイバー」の反応です。

成人の二次接種率は既に96%です。

100%になれば何か変わるのですか?w

もし変わらないのであれば、ワクチン接種や防疫パスにどんな意味があるのでしょうか?

日本の感染者は一日で5万人を超えたが、それでも死者は10人前後です。

韓国では冬季インフルエンザで3千人が亡くなったので、1日にインフルエンザで亡くなる人が30人もいたということだ。

インフルエンザよりも弱い風邪を持ち出して国民のことを脅し、ワクチン接種を強制しようとしたり、強引にワクチンパスを施行しようとする手にはもはや騙されないですよ。