韓国人「日中韓のギョウザで見る、文化の違いをご覧ください…」

コミュニティサイトCLIENより「日本餃子の珍しい点」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

日本餃子の珍しい点

スレ主:日本のマンドゥ(※餃子)はギョウザと呼ばれており、漢字では餃子と書きます。

ところが、中国では漢字の餃子はチアズゥと読みますが、韓国では漢字の餃子をギョージャと読みます。

中華料理でチアズゥなのに、なぜか発音が日韓でギョウザとギョージャで似ているのがミステリーですよね。

しかし、なぜか日本の餃子の中にはニンニクが入ります。

これは中国や韓国では見られない現象です。

日本はニンニクをそこまで使わず、韓国ではたくさん使われているはずなのに、餃子だけは正反対なのが面白いですよね。

そのニンニクを入れる文化はどこから来たのでしょうか。

そして、なぜか日本では餃子はラーメンやチャーハン、またはご飯と一緒に提供されます。

ご飯と餃子だけを提供する定食などもありますね。

東京で主にそういう食べ方をしていますが、餃子発祥の地である中国の立場からすれば、まるでご飯を食べながらパンをおかずにしているとか、そんな気持ちになっているでしょう。

ttps://ux.nu/KsxWS

コミュニティサイト「CLIEN」の反応です。

餃子は、私が知る限りでは、韓国が70~80年代に大々的な輸出を始めたことから、日本でもチャオズから徐々にギョウザと呼び始めたはずです。

韓国の餃子にもニンニクって入ってるよね?

そんなことは無かったか・・・?