中国「韓国車の地位は低下し、日本車の地位が向上…韓国車にはもう魅力ない」

ポータルサイトDaumより「中国の消費者『アコード・カムリに短所見つからない…韓国車にはもう魅力ない』」という記事の反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

中国の消費者「アコード・カムリに短所見つからない…韓国車にはもう魅力ない」

中国の消費者は韓日の自動車をどう見つめているのか。その多くは本紙のインタビューに対し、「最近数年で韓国車の地位は低下し、日本車の地位が向上した」と話した。

レクサスに乗っている北京市の会社員、楊成浩さん(33・以下全て音訳)は「日本車は丈夫で、燃費が良いだけでなく、中古車価格の防衛がよくできている。日本車に対するプラスイメージがあるため、塗装の薄さ、内部装飾のシンプルさといった短所ですら、『中身がしっかりした日本車の特徴』として受け止められている」と話した。楊さんは「韓国車は2010年代に中国でコストパフォーマンスで人気を集めたが、最近数年で価格が上昇しているにもかかわらず、ブランド価値は低下した」と指摘した。北京外国語大学の学生、トウさん(21)も「現代自はコストパフォーマンスのブランドと認識されているが、国産車よりも特に安くはない。日本車はハイブリッド、燃料電池車などでリードしている印象がある」と語った。

記事全文を読む

日本車はブランド別に特色と長所がはっきりしているのに対し、韓国車は差別化が足りないとの指摘もあった。上海市の会社員、周さん(27)は「日産は車内のシートがとても楽で、中国では『車を買えばソファーがもらえる(買車送沙発)』という流行語が生まれた。レクサスは『高くてもとにかく買う高級車』、ホンダアコードとトヨタカムリは『水桶車(水が漏れるすき間もない水桶のように問題点がないという意味)』として知られる」とした上で、「ところが、韓国車は明確な特徴がなく、長所だった洗練されたデザインも数年間変化が少ない」と評した。

韓国車のブランディング戦略についても指摘があった。楊成浩さんは「中国で現代エラントラは数年の間に悦動、朗動、領動と名前が変わり、ブランド認知度がむしろ低下した。一時中国ではソナタ8、K5、シボレー・マリブが「ソ8Kマリブ」と呼ばれ、『3大至宝』に数えられたが、韓国車はもう話題にならない」と語った。

遼寧省大連市の会社員、陳京さん(31)は「それでも韓国車はまだ中上位のブランドと認識されている。現代自と起亜自は運転感覚が良好で、『顔値』(外見の点数)が高いというイメージがあり、それをうまく利用すれば市場拡大の希望がある」と述べた。

ttps://ux.nu/tJXkn,ttps://ux.nu/FHsHq

ポータルサイト「Daum」の反応です。

既に日本の技術力を上回っているし、日本に作ることが出来るもので、私達に作れないものは何もなくなった。

自動車の販売数や売り上げでも日本を追い抜くのは時間の問題だと言われている。

それなのに、何とか日本が我々を上回っている部分を探して持ってきて、日本の方が上だ!と賛美したくてたまらない朝鮮日報。

ここまで来ると精神病のレベルだ。


中国がどんな車を買ってどんな車に乗っているかなんて誰も興味が無い。

そして、日本車が売れているかどうかも誰も興味が無い。

いちいちこんなことを記事にする必要があったのか?