【悲報】韓国大統領府報道官さん、敗戦が悔しくて号泣してしまい大炎上=韓国の反応

ポータルサイトNAVERより「韓国大統領選:記者会見中に泣いてしまった青瓦台報道官」というニュースの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

韓国大統領選:記者会見中に泣いてしまった青瓦台報道官


青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が10日午前、文在寅大統領と第20代韓国大統領選挙で選出された尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏の電話通話内容について記者会見で明らかにした。ところが、同報道官はその最中に涙をこぼし、会見が約5分間中断されるという事態が発生した。

記事全文を読む

朴ギョン美報道官はこの記者会見で、「文大統領は今日午前、尹錫悦氏と電話で話し、祝意を述べた」「文大統領は『厳しい選挙に臨み、苦労なさったことだろう』『選挙中の確執・分裂を洗い流し、国民が一つになるように統合を成し遂げることが重要だ』と言った」と文大統領の言葉を伝えた。

そして、午前11時22分ごろ、文大統領の「国民に差し上げる言葉」を代読し、「当選なさった方とその支持者の皆様、おめでとうございます。落選なさった方とその支持者の皆様…」と言いかけた時、泣き出した。涙をぬぐったものの、言葉が出てこなくなり、記者会見の壇上の後方に設けられた待機スペースに入った。このため、記者会見は約5分間中断された。朴ギョン美報道官は落ち着きを取り戻し、11時27分ごろから再び文大統領のメッセージを代読した。

これについて、尹錫悦氏が所属する国民の力は「あれで選挙中立を語ることができるだろうか」「三流・四流ばかり集めた文在寅大統領の『コード人事』(理念や考えを同じくする人を優遇する人事)は情けない」と批判した。

ttps://ux.nu/0gFpz,ttps://ux.nu/BN5s8,ttps://ux.nu/C76vF

ポータルサイト「NAVER」の反応です。

大韓民国を代表し、国民と公職を代表する青瓦台。

その青瓦台の報道官が国格を下落させ、国民の意思を無視し、選挙の中立性と公務員としての尊厳を放棄し、個人的な感情を爆発させるという驚くべき事態が発生した。

青瓦台はこの報道官を辞任させて、謝罪しなければなりません。

ここは朝鮮民主主義人民共和国ですか?

朝鮮中央通信の報道でも魅せられているのですか?

これはさすがにおかしいですよね。