韓国人「悲報:韓国、地球上で一番最初に消滅する国だと判明…(ブルブル」

コミュニティサイトSLRCLUBより「韓国、地球上で一番最初に消える国」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

韓国、地球上で一番最初に消える国

昨年の韓国の合計出生率は0.98人であることが明らかになった。女性1人当たりが出産することを期待されている平均新生児の数値が、1人にも満たないということだ。出生率0人台への突入は、世界で唯一の記録である。

記事全文を読む

政府は少子化対策を行うため、2006年から昨年までに153兆ウォンという莫大な予算を投入したが、出生率は回復する兆候を見せていない。そのため、大韓民国は「地球上で最初に消える国」に挙げられているのだ。

実際、英国オックスフォード大学人口問題研究所は、2006年から地球上で一番先に消える国に韓国を挙げている。低出生率と高齢化が速く進み、増加し続けている為だ。経済協力開発機構(OECD)によると、韓国の人口は平均より4倍以上早く年老いている。

韓国が地球上から人口消滅によって消えるのは、2750年と予想される。サムスン経済研究所が2010年に発表した「少子化の克服に向けた緊急提言」によると、現在の傾向が続く場合、2100年の韓国の予想人口は2,468万人に過ぎない。

現在の5,171万人(7月の統計庁の基準)の半分にも満たない数値だ。続いて、2500年には人口が33万人に減る。結局、2750年には残された人がいなくなり、韓国人はもちろん、韓国語も地球から消えるということになる。

出生率が低いということは、政府が高齢化した人口の扶養のために、さらに高い税金を課す必要があることを意味する。これは、経済成長率も下げ、国の経済を悪化させる原因となる。生産活動を担う青年層の減少で、2029年には、大韓民国の経済成長率がマイナスに突入することになる。2050年には-4.8%レベルに達する。このような状況になると、リスクを負担しようとする企業家が減って、地域コミュニティが崩壊するなど、経済·社会システムの老化現象が深刻化する恐れがある。

かつて、ローマが滅亡した原因として、深刻な人口減少問題が指摘された。人口減少を防ぐ好機を逃したローマは、独身女性に税金を課して離婚できないようにしたが、効果はなかった。すでに人口が減って、その対象者自身が減ったからである。手遅れになる前に、少子高齢化を防ぐ効果的な対策を立てなければ、地球上から一番最初に消える国という予測は現実になるかもしれない。

スレ主:このままではこの話が現実になりそう(ブルブルブル

ttps://ux.nu/wOWA4

コミュニティサイト「SLRCLUB」の反応です。

日本が喜びそうですね。

韓国人が消えた地に、日本が無血入城して占領するでしょう。

誰がこのような状況を作ったのですか?

>>誰がこのような状況を作ったのですか?

どんな動物でもたくさん競争しなければならない熾烈な環境であれば、繁殖が少なくなるのも自然の摂理だ。

これは人間も同じ。