韓国人「悲報:バイデンさん、マジで韓国をどうでもいいと思ってる模様…(ブルブル」

ポータルサイトNAVERより「バイデン大統領、演説の最後に失言」というニュースの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

バイデン大統領、演説の最後に失言


韓米首脳会談のため訪韓したバイデン米大統領が、尹錫悦大統領を「文在寅大統領」と呼ぶ失言をした。

バイデン大統領は20日、尹大統領、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長らと共にサムスン電子平沢(ピョンテク)半導体工場を視察した。その後の演説の最後の部分でこのようなミスをした。

記事全文を読む

バイデン大統領は「米韓同盟は域内の平和、安定、繁栄のための核心軸」とし「みなさんに感謝する」とあいさつした。そして「文大統領(President Moon)」と失言し、直ちに「ユン(Yoon)、今までのすべてのことに感謝する」と訂正した。

バイデン大統領はこれまでも公式的な席で何度か失言している。昨年5月には文大統領を「首相(Prime Minister)」と呼んだ。

この日、米ホワイトハウスでは韓米首脳会談の前、バイデン大統領と文大統領が出席した中で94歳の朝鮮戦争の英雄ラルフ・パケット・ジュニア予備役大佐に米国最高の栄誉の名誉勲章を授与する行事が開かれた。

この席でバイデン大統領は朝鮮戦争当時のパケット予備役大佐の活躍像を紹介しながら4回ほど文大統領を呼んだが、この時は「文大統領(President Moon)」と呼んだ。ところが演説の最後に「韓国は忘れられた戦争と呼ばれたりする。しかしパケットと共に戦った人たちは彼の勇猛な姿を決して忘れない」とし「韓国の首相(Prime Minister)がこの行事のためにここにいるという事実が証明するように韓国の国民も忘れない」と述べた。文大統領の行事出席に言及しながら大統領ではなく「首相」という言葉を使ったのだ。

このほか、イスラエルとパレスチナの休戦を歓迎する演説をしながらイスラエルのネタニヤフ首相を「大統領」(President)と呼んだり、ホワイトハウスで行ったロシア政策関連の記者会見ではプーチン大統領を「クルーチン」と呼んだ後すぐに「プーチン」に訂正した。

ttps://ux.nu/SkjXN

ポータルサイト「NAVER」の反応です。

文政権5年間によって、アメリカとの血盟関係は地に堕ちた。

韓国の半導体が欲しいというだけで、韓国のことをどうでもいいと思っていそうだ。

重要なパートナーだったとしたら、ここまで酷い言い間違いをするだろうか?

原稿のチェックだってされているだろうし、大統領の名前が間違えられてても、誰も気づかないぐらいにはどうでもいいと思われているということ。

バイデンの心の中では、いまだにムン・ジェインが韓国大統領なんだなwww