韓国人「ウェブトゥーンがつまらない漫画を大量生産する理由がこちらです…(ブルブル」

コミュニティサイトFMKOREAより「ネイバーウェブトゥーンに量産型が多い理由」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

ネイバーウェブトゥーンに量産型が多い理由

スレ主:2000年代にもネイバーウェブトゥーンはあったが、記事によると、実質収益はほとんど出ていなかったという。

2016年までを見ても、売上は200~300億ウォンすかないレベルだった。

しかし、ネイバーがウェブトゥーンを「ネイバーウェブトゥーン株式会社」として運営し始めた2017年を起点に売上が上昇する。

その理由は何なのか?

それは「海外量産型ローンチ」

カカオウェブトゥーンも従業員の半分を解雇するなど大変な時期を過ごしたが、日本で「ピッコマ」を立ち上げてサービスを提供した結果、売上6000億ウォンを達成した。

ネイバーもこれに合わせてベンチマーキングをして、売上が垂直上昇するようになった(海外だけではなく国内の売上も垂直上昇)。

「最近のウェブトゥーンは全部同じ」
「作品はたくさんあるけど読んでません」

これらの言葉も全てこの時期から出始めました。

しかし、ネイバーは一度も黒字を達成したことがない。

このように売上が上がったのになぜ黒字が出ないのか?

それはネイバーが国内売上を全部海外市場に投資するのに使っているからです。

安定化した国内収益構造により稼いだお金を海外市場に投資して定着させ、後に「黒字転換」を狙っている最中だという。

このように、現在カカオと海外市場で戦っているネイバー。

結論 – ネイバーの立場では、お金が稼げる量産型ウェブトゥーンを作らない理由がない!

ttps://ux.nu/OQwRL

コミュニティサイト「FMKOREA」の反応です。

ゲーム市場と同じ過ちを繰り返している。

利益のために似たような作品を量産して、更に投資して・・・。

リネージュなど、MMORPGが全く発展しなかったように、数十年経ってもウェブトゥーンは全く進歩してないだろうな。

劣化コピーを量産して市場を拡大していく手法。

この手法でさえ中国でやっている手法の模倣だというwww