韓国人「壬辰倭乱当時、朝鮮の将軍を討ち取った日本の兵器の威力がマジでエグ過ぎるwwwwwww」

コミュニティサイトFMKOREAより「壬辰倭乱当時の日本の対物狙撃銃」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

壬辰倭乱当時の日本の対物狙撃銃

スレ主:対照銃(※火縄式大筒)

威力はどれほどだったのか。

壬辰倭乱当時、李舜臣(イ・スンシン)将軍の配下、鄭運(チョン・ウン)将軍に対照銃が命中し戦死。

こんな銃で撃たれれば死ぬのは当たり前と思うかもしれませんが

三重の盾

二重の米俵を貫通して、チョン・ウン将軍も貫通して、船の後方まで突き抜けた。

まさに原始古代の対物ライフル。

ttps://ux.nu/bMJAM

コミュニティサイト「FMKOREA」の反応です。

銃というよりも大砲に見える。
>>銃というよりも大砲に見える。

戦国時代や壬辰倭乱の当時、日本軍は大砲をそこまで使用していなかったので、事実上、この対照銃を大砲のように使っていました。