韓国人「日本の中学生が開発した素晴らしい発明品がこちらです…」→韓国人「迅速に導入すべき」「優しくて賢い」

コミュニティサイトeTOLANDより「日本の中学生が発明した内側に固定する防犯窓」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

日本の中学生が発明した内側に固定する防犯窓

一般的な防犯窓は外壁に装着する形だが、この発明品は壁の四方に穴を開けて防犯窓を固定した後、家の中で固定する形だ。

このような方法で設置することで、建物の中で有事の場合、防犯窓を外して脱出することが可能、と説明している。

発明者の岐阜県稲垣龍樹(15)は、2019年に起きた京都アニメーション放火事件が 今回の発明をすることになったきっかけだったと話し、逃げた人々が防犯窓から出られずに亡くなったのを見て、なぜ人を生かすための防犯窓が人を死なせることになったのか悩んだ結果だ、とコメントしている。

ttps://ux.nu/q3BF3,ttps://ux.nu/LlBnG,ttps://ux.nu/CqVDC,ttps://ux.nu/qvwCi

韓国の反応

コミュニティサイト「eTOLAND」の反応です。

こういうものを見ていると、韓国にも日本にも才能ある人材が多いのだと思います。

ただ、社会システムのせいで、こういう才能を持った人々も、普通の生活を送っているだけなんですよね。

韓国の半地下に設置されている防犯窓がこれだったら、救われた命があったかもしれない。

商品として実用化されてほしい。