米国研究所「韓国の出生率、今後反転することは絶対に不可能」→韓国人「本当に国が滅びる」「どうしようもない」

コミュニティサイトMLBPARKより「米国研究所『韓国の出生率、今後の反騰は絶対不可能』」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

米国研究所「韓国の出生率、今後の反騰は絶対不可能」

[単独]政府は出生率の反転見通し… 米研究所「不可能」判断

韓国の過去10年間の合計出生率(女性1人が産むと予想される平均出生児数)の減少幅が、主要32カ国の中で最も急速であると確認された。韓国政府の研究依頼を受けた米国シンクタンク・ピーターソン国際経済研究所(PIIE)の分析結果だ。同研究所は、韓国の合計出産率が2040年に1.27に反転するという韓国政府の将来人口推計も、現実的ではないと指摘している。

22日、PIIEは企画財政部の依頼を受けて作成した「コロナ19大流行の広範な影響:韓国の財政展望および出生率の見通し」というレポートを公開した。レポートによると、韓国の合計出生率は2010年1.23から昨年0.84と10年間で32%急減した。主要20カ国協議体(G20)を含む32カ国の中で最も急な減少傾向で、30%台は韓国が唯一だ。

32カ国のうち、ハンガリー(27%)とドイツ(7%)など5カ国を除いては、いずれも過去10年の間に合計出生率が減少した。減少幅は、韓国に続き香港(29%)・ニュージーランド(26%)・マカオ(25%)・マレーシア(22%)・中国(20%)が20%台を記録し、スウェーデン(16%)、スペイン・イタリア(12%)、フランス(10%)など12カ国は10%台だった。高齢化問題が深刻だと知られている日本は、同期間の合計出生率が1.38から1.35に減り、減少率が2%に留まっている。

ttps://ux.nu/6deVh,ttps://ux.nu/5UX6I

韓国の反応

コミュニティサイト「MLBPARK」の反応です。

ほとんどの男や政府が出生率ばかりに注目しているようでは、国が滅びそうだ。

元記事の内容では、女性の家事負担率が85%と書かれている。

そして、子育てもほとんどが女性が担当していると書かれている。

これが全ての答えだろう。

結婚して子供を育てるよりも、好きにお金を使って、欲しいものを買って、美味しいものを食べて生きていきたい。

それすら叶わなそうな夢だから、そんな自分には結婚も子育ても・・・。

今後は苦しみだけが残っていそうだ。