韓国人「日本の東大が研究した自律走行車の事故を減らす画期的な方法がこちらです…」

コミュニティサイトFMKOREAより「東京大学で研究した自律走行車の事故を減らす方法」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

東京大学で研究した自律走行車の事故を減らす方法

スレ主:一般的な道路とは異なり、路地では車線が正しく区切られておらず、信号灯や横断歩道の区別されていない場合が多い。

そのため、将来的に走る自律走行車両の場合、このような状況では突然飛び出してくる人間には非常に弱く、人も車両に常に注意を払う必要があります。

日本の東京大学では近未来の自律走行車両の普及に備えて、車両に「とある」装置を外部に装備することで、歩行者が車両の危険を積極的に認識することを確認した。

それは車両に「目」をつけること。

それも単なる目の形ではありません。

カメラで歩行者を認識して歩行者と目を合わせるように動作するカメラの目で、歩行者がVR機器を装着しシミュレーションテストを行った結果・・・。

自律走行車両に目を付けて歩行者と目を合わせたところ

車が止まらなかったのに道を渡ろうとする歩行者は31%減少

車両が停車しても道路を渡らない場合、やはり38%減少

危険な行動や車両の進行を防ぐ場合が減ったことを確認した。

ただし、今回の研究は安全上の理由からシミュレーションが行われたもので、目自体に対するデザインも人に優しく変更するなど、実用化には様々な条件とテストが必要だという。

ttps://ux.nu/cuPbO

韓国の反応

コミュニティサイト「FMKOREA」の反応です。

これは車側が避けるのではなく、歩行者側が車の目を見ることによって飛び出してこなくなるという事ですね。
人の脳が人間の顔をより認識することを応用してるのか。

こんな目玉で見つめられているのに、誰が車のことを無視するだろうか?