米シンクタンク「韓国を守るべきなのか?韓国を安心させることを中断すべきだろう」=韓国の反応

ポータルサイトNAVERより「『韓国を保護してシカゴを失ってよいのか』…米シンクタンク研究員、核の傘懐疑論を主張」というニュースの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

「韓国を保護してシカゴを失ってよいのか」…米シンクタンク研究員、核の傘懐疑論を主張

韓国が米国の核能力に期待して北朝鮮の核の脅威に対応するのは正しくないという主張が、米シンクタンクから出てきた。

米国の保守性向のシンクタンク「ケイトー研究所」のダグ・バンドウ上級研究員は18日(現地時間)、ナショナルインタレスト誌に「米国の核の傘で韓国を安心させることを中断すべき」と題した文を載せた。

記事全文を読む

バンドウ氏は「外国の国民を保護するというのは立派に聞こえる。しかし大規模な死亡と破壊が予想される結果なら、それは自殺と見なすのが正確だ」という見解を示した。

また、米国がソウルを防御するためにホノルルとシカゴを(北朝鮮の核攻撃で)失う恐れがあるが、どんな代価、負担、困難を甘受して韓国を保護することができるのかと反問した。

バンドウ氏は、米国の大統領なら誰であろうと北朝鮮が核保有国になった後には数百万人の自国民を犠牲にしかねない(韓国保護の)約束をしたり維持したりしてはならないと主張した。

最後に「米国の政策立案者は大衆に正直になり、米国の公約によって増える費用と危険に注目し、国民の反応に耳を傾けなければいけない」とし「多くの米国人はおそらく国家的な自殺を望まないため、正直な開かれた対話が必要だ」と強調した。

ttps://00m.in/OjFw8

韓国の反応

ポータルサイト「NAVER」の反応です。

血盟として文字通り血を流して守ってくれた頃の米国ではないということです。
我が国も核武装しなければ生き残れない。

我が国が核武装すれば台湾、フィリピン、日本も一緒に核武装して4カ国連合を結成し、中国、ロシア、北朝鮮に対抗する未来も見えてくる。