FIFA会長「戦犯旗?そんな言葉生まれて初めて聞いた」→韓国人「世界が旭日旗に寛大な理由がこちらです…」

コミュニティサイトMLBPARKより「旭日旗戦犯旗論争に対して世界が寛大な理由は」というスレの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

旭日旗戦犯旗論争に対して世界が寛大な理由は

ドイツのナチ文様は第二次大戦の頃にナチスが初めて使用したため、世界的に使用禁止という処分が下された。

日本の旭日旗は1868年の明治維新、日本近代化の時代から日本海軍機として使われ始めて、特に第二次世界大戦の時だけ日本軍が使用していたのではなく、昔から日本海軍機だったと認められていたため、世界的に使用禁止制裁が無かった。

ワールドカップスタジアムでの旭日旗応援が禁止かどうかについて韓国記者たちがFIFAの会長に問い合わせしたところ、FIFA会長が旭日旗が戦犯旗であるという話は、自分の生涯今回初めて聞く話だと言ったほどだった。

ttps://00m.in/L7iNN

韓国の反応

コミュニティサイト「MLBPARK」の反応です。

西洋は旭日旗に無関心だよ。

一方でナチスに使用されたハーケンクロイツは、ヨーロッパ全土を炎で染め上げたから・・・。

我が国で初めて作った言葉なんだから、聞いたことはないだろうね。