韓国人「我が国のリアルタイムのコロナの近況がこちらです…(ブルブル」

『韓国人「我が国のリアルタイムのコロナの近況がこちらです…(ブルブル」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2022/01/27(木) 22:19:02 ID:f36263e05 返信

    鮮人は馬鹿なのかな?

  2. 名前:匿名 投稿日:2022/01/27(木) 22:45:37 ID:1c905d91e 返信

    大丈夫ダイジョブ
    これでもまだまだ誤魔化してる数値だから
    実際にはもっと居るよ韓国
    みんな感染しててよかったね!

  3. 名前:匿名 投稿日:2022/01/27(木) 23:57:27 ID:af3a566ee 返信

    K防疫があるから何も心肺しなくてもいいよ!
    日本がコロナ患者誤魔化して公表してたと言ってたじゃんw

    患者数多くなったら信じるのか?w

    日本は空母もってませんよ!

  4. 名前:匿名 投稿日:2022/01/27(木) 23:59:13 ID:3c595b7a4 返信

    世界の何処かでワクチン交雑接種で3回以上したら命の危険があるとか言う論文出たら韓国大騒ぎだろうなww 。
    薬が行き渡ればインフルエンザ並みの感染症分類でいいと思うけどな。

  5. 名前:匿名 投稿日:2022/01/28(金) 00:53:00 ID:550c32177 返信

    韓国の専門家は2月中に韓国国内の1日当たりの新規感染者数が9万人になる恐れがあると見解を示していたが、新たな変異株(ステレスオミクロン)が発生しているので現実的になる可能性がある。

  6. 名前:匿名 投稿日:2022/01/28(金) 02:30:50 ID:c59c4eb52 返信

    もう毒ワクチンのが危険なのに何言ってんだ

  7. 名前:匿名 投稿日:2022/01/28(金) 06:16:38 ID:c9ecc809e 返信

    日本人や中国人と違い、
    感染し易く重症化し易い朝鮮人、
    阿鼻叫喚の地獄を迎えるだろう。

  8. 名前:匿名 投稿日:2022/01/28(金) 09:27:10 ID:f3cd44015 返信

    必殺、エラ呼吸でゴキブリのごとく逝き延びるニダ

  9. 名前:乾燥危険マスクと手指消毒と加湿うがい! 投稿日:2022/01/28(金) 12:10:59 ID:6d6ba2918 返信

    死亡者少なければただの風邪!!
    2022.1.24日本 感染者数+4万4810人・重症者数+439人・死亡者数前日比+17人受け狙い(小泉父子のモノマネ)のみのお馬鹿都知事よ!検査(密で爆発感染)などより!接種だ!!
    日本を語って余りあるホンダF1ありがとう広告!!
    韓国コロナ人災!文大統領捏造元凶!!
    有色人の恥曝し!性善説対処ではつけあがる性悪説=自己中の中朝韓!発表不信は世界の常識!
    2021年11月21日 嘘、嘘、嘘の、救いようのない民族国家であるが、政権末期のレームダック(死に体)となったので、捏造不能となり、真実が滲み出てきたのであろう!台形から山型に変化の感染グラフが、捏造証拠!
     コロナ感染者日本急減、韓国急増もう一つの理由。日本(安倍・菅)は「選別狙い打ち」!韓国(文在寅)「無選別目くら打ち」?という、日韓のワクチン接種方法の相違であろう!接種初期の限られたワクチンなので、「安倍・菅」の「狙い撃ち」が効果てき面は、日本急減、韓国急増と実証され、日本(安倍・菅)正解は、明明白白!
    2021年8月20日に過去最多となる25851人のコロナ新規感染者激増主因!
     東京オリンピック開催日程(2021年7月23日~2021年8月8日・パラリンピック21年8月24日から9月5日)。真夏なので、閉め切った室内冷房下(空調乾燥)でのTV視聴となった!空調は乾燥する。乾燥下(湿度40%以下)でコロナ活発化し、感染爆発!
     私は、アメリカネブラスカ州オマハで、11月~12月の2ヶ月間滞在したことがある。乾燥が激しく、雪を握って固めようとしても固まらず、サラサラの雪のまま。静電気を帯びやすく、ドアノブ等での感電は日常茶飯事であった。乾燥下(湿度40%以下)でコロナも活発化するようだ(アメリカは同時期に爆発感染した。マスク無しの無防備検査接種では、火に油!当然である!)。乾燥地アメリカ等や、乾燥下(空調冷暖房)でのコロナ感染爆発は、納得がいくのである。PCR検査感染韓国!人災コロナ韓国!
     日本の室外は乾燥の季節!室内は空調暖房で乾燥下!!外はマスクして!室内は加湿(湿度60~70%)して、コロナ禍 を乗り切ろう!!
    真実史観