【W杯】ベント監督が退任前に強い不満…「韓国はお金のことしか考えていない」=韓国の反応

ポータルサイトNAVERより「『韓国は選手よりもひたすらお金』退任するベント監督の思い切った発言に再照明」というニュースの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

「韓国は選手よりもひたすらお金」退任するベント監督の思い切った発言に再照明


サッカー・ワールドカップ(W杯)で12年ぶりのベスト16進出の快挙を成し遂げて韓国代表チームを離れるベント監督の先月の思い切った発言に改めてスポットが当てられている。当時ベント監督は、W杯直前まで一部選手をFAカップ、Kリーグのために所属チームが酷使レベルで試合に出場させたことに対し強い不満を表わした。

記事全文を読む

ベント監督は先月10日、アイスランドとの親善試合に先立ち行われた記者会見で、「今シーズンの韓国サッカーはプレーオフと決勝戦が72時間以内にすべての試合が行われた。事実選手らに休息は必要なく重要なのがお金とスポンサー、こうしたことではないかと考えている」と明らかにした。

ベント監督はまた「私の意見は韓国で『代表チームは重要でない』とみているようだということだ。8月にもそうしたことを見ることができた」と話した。

続けて「そのほかにもチームがW杯で良い競技力を見せることを願うようだがチームもそうで選手もそうで、正しい方式で助ける考えはないようだ」と指摘した。

こうした発言は金珍洙(キム・ジンス)のコンディションを説明しながら出てきた。ベント監督は当時金珍洙のコンディションと関連し、「良くない。しかし良くない状態に対して驚きはしない。FAカップで30分ごろに負傷にしながらも最後まで試合に出た。W杯を失いかねない大きなリスクを抱えて試合に出たものだ」と話した。

実際に金珍洙はKリーグ31試合とFAカップ4試合、AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ(ACL)の8試合に出場し、ここにA代表チームと東アジアカップなど代表チームの試合にも選ばれた。

金珍洙はシーズン終了後すぐ代表チームに合流したが、負傷により代表チーム練習に参加できなかった。アイスランドとの親善試合にも出られなかった。

ベント監督はこの時、インタビューよりは多少穏やかな姿だったが、7日にカタールから仁川(インチョン)国際空港に帰国しながらやはり選手らのコンディションと関連した言及を忘れなかった。

ベント監督は「韓国代表チームの未来に向けて言いたいこと」を問う取材陣の話に「選手らは最適なコンディションで走らなければならない。支援が必要で分析し修正すべき部分がある。発展の可能性も十分なため選手団の支援に対し助言したく、スタジアム内での支援も重要だが外でも同様だとの助言をしたい」と話した。

一方、今回のW杯で代表チームとともにした孫興ミン(ソン・フンミン)の個人リハビリトレーナーのアン・ドクス氏もやはり大韓サッカー協会を狙うような言葉を残している。

彼は今回のW杯で孫興ミンとともにカタール入りし代表チームと同じ宿舎に滞在した。費用は孫興ミンが全額負担したという。

アン氏はこの日インスタグラムに代表チーム選手らとともに撮った写真を上げ、「(代表チーム宿舎)2701号室で多くのことがあった。2701号室がどうしてできたのかを記者が連絡くれれば想像を超越した常識外のことを詳細に知ることができるだろう」とした。続けて「今回のことで反省し改善することで韓国サッカーの未来があるだろう」と付け加えた。

ttps://00m.in/ev7cp,ttps://00m.in/7WVzI,ttps://00m.in/vPHPL

韓国の反応

ポータルサイト「NAVER」の反応です。

我が国で最も腐敗した協会の一つである大韓サッカー協会。
日本は長い時間をかけて投資して、計画にサッカーを発展させている。

しかし、我が国はいまだにサッカー協会に足を縛られている状態。

だから良い監督でも立ち去る時にこういうことを言われるんだ。