【W杯】韓国メディア「ブラジルは対戦チームに配慮が足りない!」→ブラジル代表「すまん、これからも踊るわwww」

ポータルサイトNAVERより「韓国戦のダンスパフォーマンス論争のブラジル、『礼を欠いている』批判にも『これからも踊る』」というニュースの反応を翻訳して紹介します。


海外の反応オススメ記事

オススメ人気記事

韓国戦のダンスパフォーマンス論争のブラジル、「礼を欠いている」批判にも「これからも踊る」

論争の「サンバ踊り」は続く見通しだ。

ブラジルサッカー代表は2022カタールワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の韓国戦で、得点のたびにフィールドとベンチの選手が一緒になってダンスパフォーマンスを繰り広げて論争を巻き起こした。ブラジルは同試合で4本のゴールを入れたが、チチ監督までパフォーマンスに加担した。監督までパフォーマンスに加わるケースは珍しい。外信はこれについて「相手チームに配慮していない、礼を欠いた行動」と批判した。これに対してチチ監督は相手チームに対する礼儀がないという批判を受けて、「欠礼を犯そうとしたのではない。ゴールが決まって、競技力が良かったのでうれしかっただけ」と説明した。

記事全文を読む

だが、外信とファンの指摘にもブラジルのダンス本能を止めることはできなかった。ブラジルのMFルーカス・パケタ(ウェストハム)は6日(現地時間)、ブラジルメディア「クロボ」とインタビューで「我々は相手をばかにするために踊ったのではない。相手の選手の前で踊ったわけでもない」と抗弁した後、「ただのパフォーマンスにすぎない。批判する人々がそれが嫌なら何もいう言葉がない」と話した。続いて「我々は今後もゴールを決めたら踊るだろう」と付け加えた。FWラフィーニャ(バルセロナ)も「ブラジルチームはこれからもダンスパフォーマンスを続ける。それが好きではない人々には問題かもしれない」と援護した。

ブラジルは韓国に対して4-1で勝利を収めた。ゴールが決まるたびにダンスをした場面を巡り、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで解説者のロイ・キーン氏は「ここはダンスコンテストか。これほど多くのダンスパフォーマンスは初めて見る」と皮肉った。「最初のゴールが決まった時はダンスできても、ゴールを入れるたびに踊り、果ては監督まで一緒に踊る様子は見るに耐えなかった」と指摘した。

韓国を破って8強に進出したブラジルは、10日にエデュケーション・シティ・スタジアムでクロアチアと4強チケットを巡り対戦する。ブラジルがゴールを決めるなら新しいダンスパフォーマンスが公開される可能性が高い。ラフィーニャは最近の記者会見で「事実通り告白すると、10ゴール入れてもかまわないほど(パフォーマンス用の)ダンスを準備した」と話した。また「1試合当たり10種類のダンスを用意した。これは先制ゴール、次は2回目ゴール,この踊りは3回目ゴール…」としながら「もしゴールを10本以上決めることになったらその時はダンスを作らなければならないだろう」と話した。

ttps://00m.in/XfMJ3,ttps://00m.in/aCBTV

韓国の反応

ポータルサイト「NAVER」の反応です。

これが失礼だというのなら、ゴールセレモニー自体が失礼になる。

ゴールを決められた側は気分が悪いかもしれないが、ゴールを決めた側からすれば、ゴールの喜びを堪能するための行為だ。

ワールドカップは世界中が楽しむ祭典。

いつからそんな厳粛な催事になったんだ?