【悲報】韓国映画の撮影方法、ヤバすぎる=韓国の反応

『【悲報】韓国映画の撮影方法、ヤバすぎる=韓国の反応』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2021/10/03(日) 13:25:52 ID:84bdd3f50 返信

    日本でも60年代頃の日活映画なんかで実銃使って撮影してたんだけどな

  2. 名前:匿名 投稿日:2021/10/03(日) 13:27:24 ID:40b6a5182 返信

    戦争映画はいいから、ほら、アレを紹介しなよ。李氏朝鮮版ネトラレものw
    何年か前にYouTubeに流出したろw

  3. 名前:名無しのILOVEJAPAN 投稿日:2021/10/03(日) 13:37:04 ID:a89a880fd 返信

    泣き叫んで逃げまわる映画か?

  4. 名前:匿名 投稿日:2021/10/03(日) 13:58:33 ID:f34ac562d 返信

    どこで聞いたか忘れたけど
    黒沢映画はモノホンの兜やなんかを使って撮影したという。(地方のお蔵には当時いろんな武具が眠っていたらしい)
    まだおおらかな時代ですな。

    そういうナルホドな話ならいいけど、かの国の場合すべてが跳躍して「日本が悪い」に帰結してまーた要求(ナニをとは言わん)ネタになるのかなー

  5. 名前:匿名 投稿日:2021/10/03(日) 14:23:26 ID:ee3f2f70f 返信

    韓国映画は戦争の人間ドラマでのし上がってきたイメージ。
    それがいつからか変態メロドラマにすり替わったけど、悲壮満載で救われない内容は引き継いでた。

    今では朴李映画に成り下がったよな。

  6. 名前:匿名 投稿日:2021/10/03(日) 15:13:39 ID:f4877b279 返信

    当時も空砲ってあったんだけどねぇ…

  7. 名前:匿名 投稿日:2021/10/03(日) 15:51:53 ID:aa3a9d86d 返信

    実銃使うのは映画界では普通だが、流石に空砲を使うよな。
    日本は銃刀法で銃の保持が禁止されたからモデルガン使ってるけど。
    銃刀法以前は日本でも普通に銃が持てたし、銃刀法が改正される迄は実銃の銃身に鉛流し込んだだけの物や、材質が実銃と同じ物がモデルガンとして認可されていた。
    だから、ヤクザが使っていた改造拳銃とやらはモデルガンから鉛落としただけだったり、銃身に穴を開けるだけだったりした。
    銃刀法の改正で材質に制限が出来てから、改造拳銃の暴発事故が増えたな。

  8. 名前:匿名 投稿日:2021/10/03(日) 20:18:22 ID:8e2dc99aa 返信

    70年代〜80年代のイタリア映画も実弾で実銃を撃って撮影してたらしい。この間、アマプラで観た。「このシーンは実弾撃ってるんだ、この弾着は特殊効果じゃなくて本当に弾が当たってるんだ」と当時の出演者が話しててビビったな。

  9. 名前:匿名 投稿日:2021/10/04(月) 02:32:46 ID:34c0af9f3 返信

    北朝鮮、中国、アメリカの、
    いずれかのスイッチひとつで、
    戦時中に逆戻りという残念な国。

  10. 名前:匿名 投稿日:2021/10/04(月) 06:17:40 ID:b8a3eb52d 返信

    >スレ主:1963年の映画、帰らざる海兵

    多分朝鮮戦争の設定の映画だろうけれど、韓国軍に「海兵」なんか存在したっけ?
    映像を見るに海軍兵じゃなくて海兵隊的な兵士を意味しているんだと思うけれども…